お知らせ!

デモクラ資料室は、Facebookで継続しています。
このページの右の「リンク」よりご来店下さいませ(笑)

小池解散

関連記事

再度、まぢかよ!民進党:幹事長に野田氏

民進党の蓮舫代表は16日、党本部で開いた両院議員総会で、新執行部の幹事長に野田佳彦前首相を起用する人事を提案、承認されました。
首相経験者を党の実務を取り仕切る幹事長に充てるのは異例です。野田幹事長は10月の衆院、東京10区、福岡6区両補欠選挙での野党共闘に関し、党本部で記者団に「強い自民、公明両党の連合軍と戦うには野党間の連携は不可欠だ」と述べました。

野田氏は議員総会でのあいさつで「躊躇したが、自分の政治人生に落としまえをつけるつもりで火中の栗を拾う決断をした。新代表とともに党勢回復に全力を尽くしていきたい」と述べました。

まさかの幹事長起用!

まさかの幹事長起用!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

蓮舫氏は野田氏起用について、安倍政権と対峙するための経験を重視したと述べていますが、僕にとってこの起用は、稲田防衛相に匹敵する驚きでした!

ついでに、I'm Back(笑)
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

稲田氏、防衛相起用、世耕氏入閣

3日、安倍首相は、内閣改造・自民党役員人事をおこないます。

稲田朋美(政調会長)の防衛相起用と石原伸晃(経済再生担当相)の続投、世耕弘成(官房副長官)の初入閣が固まりました。首相は政権の骨格は維持する考えで、残る閣僚ポストの調整を進めています。

稲田氏の入閣は2度目。女性が防衛相に就くのは小池百合子、東京都知事に次いで二人目で、女性の活躍をアピールする狙いがあるとみられます。

世耕氏は、第1次安倍政権で首相補佐官を務めた首相の側近中の側近です。第2次政権以降は官房副長官を務め、連続在職日数の最長記録を更新し続けています。

まぢかよ。。。

まぢかよ。。。

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

麻生太郎(副総理兼財務相)、菅義偉(官房長官)のほか、高市早苗(総務相)、岸田文雄(外相)、塩崎恭久(厚生労働相)、石井啓一(国土交通相)はそれぞれ留任の見通しです。一方、石破茂(地方創生担当相)は閣外に去ります。

3日は、午前に、二階俊博、総務会長の幹事長起用など、自民党役員人事を正式決定。午後に閣僚名簿を発表し、第3次安倍再改造内閣が発足することになります。

こんな世になるとはなぁ、言葉を失いそうです。。。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

辺野古再提訴、ヘリパッド着工 翁長氏「強硬政府に抗議」

22日、政府は辺野古新基地建設問題で、辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事に対し、撤回を求める政府の是正指示に従わないのは違法だとの確認を求める訴訟を福岡高裁那覇支部に起こしました。

政府は県と3月にいったん和解しましたが、改めて法廷闘争での決着を急ぐことで両者の溝がさらに深まるのはまちがいありません。
県と国が合意した和解条項は、違法確認訴訟には触れていません。そもそもそういう事態を想定していなかったのです。

話し合いによる解決を放棄し、国の側から和解条項にはない違法確認訴訟を提起するのは、合意を逸脱する行為と言わざるを得ません。

政府は協議の手続きも並行して進めるとしていますが、司法判断を経て早期に本格的な移設工事を再開させたい考えなのでしょう。高裁判決は今秋に出る見通しで、いずれかが上告すれば、年末から来年初めにかけて最高裁判決が出るとみられます。

信任は得た!なんでもやり放題だ!

信任は得た!なんでもやり放題だ!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

また、高江では、沖縄県にある国内最大規模の米軍専用施設「北部訓練場」の部分返還に向け、施設内での建設が条件となっているヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の工事に着手しました。翁長知事は新型輸送機オスプレイが運用される計画があるとして工事を容認しない姿勢を示しています。

「辺野古・高江」問題は単なる基地問題ではありません。沖縄の未来と沖縄の人々の尊厳、日本の民主主義の質が問われています。

参院選が終わった直後に、辺野古移設を巡る提訴やヘリパッド着工を進める政府の強硬姿勢、いよいよ、安倍政権が牙を剥きはじめました。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

議席確定、改憲勢力で3分の2超 野党共闘及ばず

第24回参院選は11日午前、全121議席が確定しました。
自民党は56議席、公明党は14議席へ伸ばし、与党で改選過半数の61議席を上回り勝利しました。民進党は32議席。民進、共産、社民、生活の野党4党は32の改選1人区で候補を一本化し、3分の2阻止へ共闘しましたが及びませんでした。

自民党は32ある1人区の21選挙区で勝利。比例代表でも2013年参院選を1上回る19議席を獲得しましたが、27年ぶりの単独過半数回復をかけた57議席には届きませんでした。現職閣僚では岩城光英法相(福島選挙区)と島尻安伊子沖縄・北方担当相(沖縄選挙区)の2人が落選しましたが、大勝には違いありません。
公明党は選挙区に過去最多の7人を擁立。全員を当選させるなど、改選9議席を大きく上回る14議席を獲得しました。

熊手が戻ってきたよ

熊手が戻ってきたよ

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

安倍晋三首相が目指す憲法改正に賛同する改憲勢力は計77議席を得ました。
自民、公明、おおさか維新の3党など改憲勢力の非改選議席は88議席。参院で憲法改正の発議ができる3分の2(162議席)に達するには74議席が必要でしたが、3党の議席はこれを上回る77議席に達しました。これで衆参両院で改憲発議が可能となりました。

安倍首相は憲法改正について、「自民党は、そもそも憲法改正をするということで立党しており、私たちの憲法改正草案は示している。ただ、自民党で3分の2を得ているわけではなく、自民・公明両党で3分の2を得ているわけでもない。これからは、いよいよ国会の憲法審査会に議論の場がしっかりと移っていき、そこで議論し、どの条文をどのように変えていくかということに集約されていくことになるだろうと思っている」と述べました。

首相の政権基盤が強まるのは確実です。秋の臨時国会以降、与野党の改憲論議が本格化しそうです。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる