スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡県での「早野透、出前の時間」大盛況のうちに終了(2月26日 追記)

福岡県での「早野透、出前の時間」大盛況のうちに終了いたしました。
両会場とも50名以上のご来場を頂き本当にありがとうございました。


早野透さんのポイントを突いた時局の講演、さらに升味佐江子さんとの軽妙なトークと憲法論議等、両会場とも時間をオーバーしてしまうほどの盛況な集いとなりました。
また、参加して頂いた方々の意識にもすごく高いものがあり、質疑応答、終了後の懇親会も白熱していました。
特に障がいをお持ちの方からの質問などで(憲法は障がいを持つ方々を守っているのか?また、社会的弱者にリベラルの方々は何をしてきたのか等)考えさせられるものも多々ありまして、ずいぶん勉強になりました。
また、終了後には参加者のみなさんから「またこのような集いを」・・・と言う声もたくさんいただきました。
本当にありがたいことだと思っています。
早野透、出前の時間(福岡)早野透、出前の時間(福岡)
福岡市の会場では、内田誠さんもカメラマンとして参加されていて終了間際に「内田さんの生の声が聞きたい」の一声がかかり、内田さんも照れ笑いと共に少しご満悦の表情でした(笑)

この共有できた時間と人間関係と繋がりを大切にさらに育てていかねばならないと思っています。
継続が大切なのだと再認識した二日間でした。


「早野透、出前の時間」 次回の開催は愛知県となります。
早野透、出前の時間(愛知県)

3月15日(土)新城(しんしろ)文化会館 304会議室(開始時間 13:30 受付30分前から)
絶賛、参加者募集中ですので宜しくお願い致します。
詳細、お申し込みはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

組織のトップの「暴言」が繰り返されています

安倍政権の意向を受けて組織のトップに座った人物の「暴言」が繰り返されています。
東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗 元首相は20日、 福岡市での講演で「あの娘(浅田真央は)、大事なときには必ず転ぶんですよね」と発言しました。
アメリカ政府への「失望」をYouTubeにまでアップした衛藤晟一 首相補佐官。
アメリカの新聞に自分の歴史観を示した本田悦朗 内閣官房参与。
NHK会長に就任して最初の記者会見で好き放題を語った籾井勝人氏も同様です。
思い起こせば、麻生副総理の「ナチスの手口に学べ」発言もありました。

共通しているのは、その立場にいる間はその人物が「言ってよいこと」と「言って悪いこと」の区別がついていない点です。自分の「立場」というものをどう考えているのでしょうか。
「本意が伝わっていない・・・取り消します」、これですべてがなかったかのように皆ふるまいます。

暴言の連鎖

暴言・放言の理由ははっきりしています。
「自分の後ろには政権がバックについている」というおごりでしょう。
これらの発言は、かつてならそれだけで「辞任もの」だったでしょう。

しかしこれらの方々、辞任には至りません。
なぜなら、彼らの任命に責任がある安倍政権そのものが容認しているからです。
籾井発言も菅官房長官が「個人として発言したと承知」「会長としてであれば(発言を)すべて取り消すと言っているので問題ない」と容認する姿勢を示しています。
その背後にある思想が、現政権と共通する部分がかなりあるからでしょう。

さらに、安倍首相のお食事会の効果なのか、多くのマスコミ各社もこうした放言に寛容です。
安倍政権への親近感が最近の報道から透けてみえるNHKや読売新聞、産経新聞などが大きく扱うことはありません。

政治家や組織トップの「言葉」が、欧米に比べれば、軽く扱われる国民性なのでしょうか。
いつから日本国民はこれほど「暴言」「放言」に寛容になってしまったのでしょうか。
言い換えれば、日本人が言葉に「鈍感」になったという事なのでしょうか。
これでは、アーサー・ビナードさんに笑われてしまいます。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

プライドチキン 4コマ漫画 第21話

第21話
安倍首相は、12日の衆院予算委員会で憲法解釈の変更をめぐり、自らが「政府の最高責任者」と主張し「政府の答弁に(内閣法制局長官ではなく)私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」と強調しました。
この歴代内閣による議論の積み重ねを覆して自ら進める考えに対して、13日の自民党総務会で「三権分立を根底から崩す」などと批判が相次ぎました。
出席者によると総務会では、まず村上誠一郎元行革担当相が、「首相の発言は、選挙で勝てば憲法を拡大解釈できると理解できる。 そのときどきの政権が解釈を変更できることになるのは問題がある」と批判。 その上で「慎重の上にも慎重を期すべきだ」と主張しました。
村上氏の発言は、政府が意のままに憲法解釈を変えれば、国会が国権の最高機関としての立場から政府をチェックする三権分立の仕組みが崩れると指摘したものです。

プライドチキン 4コマ漫画 (詳細は画像をクリック)

プライドチキン 4コマ漫画 第21話

(illustrated by あんべちゃん)

予想どおりというのか、「権力を自らを縛る」憲法まで相対化して、「解釈権は行政権にある」と宣言しているのですから、これでは法律は権力(安倍首相)の思い通りということになります。
憲法と適合するか疑義が示されてきた自衛隊による自衛権の確保は自然権から解釈してきた歴史があるにしても、その解釈については行政府が勝手に行ってよいというものではありません。
安倍首相の本質がさらに明らかになってきました。
しかし、昨年5月に憲法96条改憲が頓挫したように国民世論が反発すれば、安倍首相の危険な発言を潰すことも十分に可能なことだと思います。
リベラルもコンサバも、右翼も、左翼も、中道も、老若男女も声を上げる事を求められています。

21話のキーワード
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

福岡県で「早野透、出前の時間」が開催されます(2月18日 追記)

開催間近となりました。参加申し込みはお早めに!
2月23日(日) 天神NKビル 地下1階の会場がC会議室からA+B会議室に変更となっております。


福岡県で「早野透、出前の時間」が開催されます。
デモクラTVで大人気の「早野透の時間」でおなじみの早野透さんと升味佐江子さんが「早野透、出前の時間」として2月22日(土)福岡県(飯塚市内)、2月23日(日)福岡県(福岡市内)の両日来福されます。
飯塚会場は14時から、福岡会場は13時からの開催となります。(受け付けは30分前より)

「いつもそこに憲法があった~戦後政治と憲法」「大日本帝国憲法の一生~臣民と国民の間」でうんちくを傾けてきた早野透さんが、戦後の保守政治がその基礎に平和と民主主義を基調とする憲法への強い意思を秘めていたことを、歴代の政治家の人となりに触れながら熱く語ります。

ぜひ、みなさんご来場になられて生で早野透さんと升味佐江子さんの掛け合いをご覧になってみてはいかがでしょうか。
また、みなさんが普段感じている憲法に対する疑問にも解かり易く答えてくださるはずです。
福岡県内はもとより九州一円さらに全国からの皆様のご参加をお願いいたします。
早野透、出前の時間
2月22日(土) イイヅカコミュニティセンター3階 セミナー室(開始時間 14:00 受付30分前から)
福岡県 飯塚市 飯塚 14-67(0948-22-3274)
アクセスマップはこちらから

2月23日(日) 天神NKビル 地下1階 A+B会議室(開始時間 13:00 受付30分前から)
福岡県 福岡市 中央区 天神 2-8-36 天神NKビル(092-633-2222)
アクセスマップはこちらから

参加お申し込み、お問い合わせはこちらから
なお、参加費用(カンパ大歓迎)は資料代として500円となります。
---------------------------------------------------------------------------------------
お話:早野透(桜美林大学教授 元朝日新聞コラムニスト)
合いの手:升味佐江子(弁護士)

タイムスケジュール(福岡会場)
13時から13時40分まで、早野さんのお話
13時40分から14時10分まで、トーク
(休憩)10分
14時20分から15時まで、参加者との対話の予定です。
---------------------------------------------------------------------------------------
宣伝用フライヤー追加(1月26日)
チラシのダウンロード No.1(PDF)
チラシのダウンロード No.2(PDF)

ご友人等お誘いあわせのうえ、 多数のご参加をお待ちしております!
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

プライドチキン 4コマ漫画 - The Movies Vol.4


デモクラTV&デモくらジオで大人気のプライドチキン 4コマ漫画が動画で見られるようになりました。
危ういこの時代を記録し、そして警鐘を鳴らし続けるプライドチキン!
Vol.4では、第16話から第20話を公開。

原案 : 内田誠さんの駄洒落
企画・制作 : 副島和芳
キャラクターデザイン : あんべちゃん
音楽 : UG
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。