結果的に、ほめごろしでした(笑)

ナイスショットのイラスト見返すと、いわゆるほめ殺しですね(笑)安倍首相、僕や村山元首相に評価されていては、お終いですよ(爆)

結果的に、ほめごろしでした(笑)

結果的に、ほめごろしでした(笑)

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

保守層からは非難の声

28日、安倍首相は、日韓両政府が従軍慰安婦問題の最終的解決を確認したことについて、「最終的、不可逆的な解決を(戦後)70年目の節目にすることができた」「私たちの子や孫の世代に、謝罪し続ける宿命を負わせるわけにはいかない。その決意を実行に移すための合意だ」と述べ、日本の将来世代に責任を残さないための日韓合意だと表明しました。今後の日韓関係に関しては、「両国が力を合わせて、新しい時代を切り開いていくきっかけにしたい」と述べ、本格的な関係改善に取り組む意向を示しました。

与野党からは評価する声が目立ちました。ただ、自民党内には、ソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去する確約がないことなどへの不満も漏れています。自民党の原田義昭議員は「日本としてこの問題は既に解決済みという立場でやってきた。努力は多とするが、納得しがたいところもある」と指摘。稲田政調会長も「日本は今まで通りの法的立場と事実についての主張を続けるべきだ」と述べています。

日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は、慰安婦問題で日韓両政府が合意したことについて、「安倍外交の最大の汚点となると考えられ、大いなる失望を表明する」との談話を発表しています。

首相のFacebookは大荒れです!

首相のFacebookは大荒れです!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

「これから日韓新時代に入る」という意気込み通りになれば結構ですが、今回は合意文書も作成されていません。今後は両政府が国内世論をどう説得するかが重要になります。

韓国の元慰安婦の支援団体「挺身隊問題対策協議会」は、今回の合意を評価せず、日本政府の法的責任を追及するとしています。
日本でも、慰安婦問題で譲歩する必要はないとの声が右派勢力から多数上がっています。また、政府予算を使って救済を図るのは、事実上の賠償ではないかという批判もあります。日韓両政府が「蒸し返さない」という原則を貫けるのか。火種はまだ残っていると言うことです。

外相会談で弾みがついた関係改善の流れを止めないよう、日韓両国民の努力も求められます。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

慰安婦問題、日韓が合意

28日、日韓両国間の大きな懸案となってきた、従軍慰安婦問題をめぐる両政府の協議が合意しました。
合意文書によると、日本政府は、「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感」し、「安倍総理は改めて元慰安婦に対して心からのおわびと反省の気持ちを表明する」と表明しています。また、元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出するとしています。

共同記者発表で、岸田外相は「日韓両政府は、慰安婦問題について不可逆的に解決することを確認するとともに、互いに非難することを控えることで一致した」と表明。尹外相も、日本政府による合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的、不可逆的に解決することを確認する」と述べ、両国は、慰安婦の問題で双方が受けいれられる合意に至り、最終的な解決に至った述べました。

また、日本政府が撤去を求めている、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像について、尹外相は元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」を念頭に「可能な対応策を関連団体と協議し、適切な解決策へ努力する」と述べています。

歴史的合意ではあります

歴史的合意ではあります

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

合意が履行されれば、安倍外交の唯一の成功例となるでしょう。安倍首相の歴史認識、思想信条、支持母体の反応など考えると断腸の思いの政治決断だったのかもしれません。特に「当時の軍の関与の下に」は絶対に首相は受け入れない表現だと思っていました。

ネトウヨさんの間では、今年一番の最悪ニュース、外交の完全敗北、安倍さんどうしちゃったの?アベ政権も終わり。。。と、お葬式状態のようです。安倍首相のFacebookには失望の声がズラリ。日本会議の事務局は「狐につままれた感じ」と。日本会議には根回しもなく、予想外の事態に大混乱のようです。

米国の強い要請があったとは言え、日韓間における最大の懸案の一つである慰安婦問題が、国交正常化50年の今年中に決着で合意したことで、関係改善の流れは本格化するでしょう。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

桃栗三年柿八年

25日、安倍首相は、第2次政権発足から26日で3年を迎えることについて、「日本を取り戻すとの考え方の下に経済の再生、外交、安全保障の立て直しに取り組んできた。それなりの成果は出たのではないか」と述べました。

また、「桃栗三年柿八年というが、桃と栗は何とか収穫できたのかなと思う。この前、(官邸内にある)庭の柿を食べたが、結構渋かった」と答えています。

はやく消えてよ

はやく消えてよ

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

首相の「柿八年」発言は、渋柿が熟す5年後の2020年に開かれる東京五輪・パラリンピックをにらみ、長期政権への意欲を込めたと受け止められそうです。ただ、自民党総裁の任期は連続2期6年までです。柿が成熟するには任期延長が必要で、過去に延長したのは中曽根康弘元首相しかいません。首相の総裁任期は平成2018年9月までですが、首相周辺には党則変更による総裁任期の延長論がすでに出はじめています。

桃と栗は「秘密保護法」と「安保法」なのでしょうか。柿は「改憲」でしょうか?8年も続けられては、間違いなく、日本が日本でなくなりますね。。。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

福井地裁、高浜原発再稼働認める

24日、「安全性が確保されていない」として、高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを命じた仮処分決定について、福井地裁(林潤裁判長)が関西電力の異議申し立てを認め、取り消しました。
高浜3、4号機は原子力規制委員会の安全審査に適合しており、地裁の決定で再稼働に向けた障壁が取り払われた形になります。

しかし、高浜3、4号機は、事故対応の拠点となる免震重要棟が設置されていないことや、外部電源の確保策などにも不安を残し、万全な形で再稼働を迎えようとしているわけではありません。異議が認められたことで、住民側は対抗手段として、名古屋高裁金沢支部に保全抗告する可能性があります。同支部が同抗告を認める決定をした場合は仮処分の効力が復活しますが、そうした決定が出ない限り稼働できる状態が続きます。

やってらんねぇ!

やってらんねぇ!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

一方、法的な問題はなくなったとして関電はきょうにも3号機の燃料装填を開始し、来年1月下旬から運転を始める方向です。
福井県知事の同意表明は地裁決定に先んじる形で22日に行われ、駆け込み的に間に合わせたとの批判があります。批判をよそに、再稼働に向けて既定路線のように手続きを積み上げていくような進め方は、許されるものではありません。

川内原発に続き、次々と再稼働されていく原発。一体、福島の過酷事故の教訓はどこにいってしまったのでしょうか。
根拠の乏しい「安全神話」が復活しようとしています。それを阻止できるのは政治決断か司法しかありません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる