スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度予算成立 首相、「力強い矢を放つ」

29日、2016年度予算が成立したことを受け、安倍首相は記者会見を行い、「アベノミクスのあたたかい風を、全国津々浦々に届けていく。来年度予算は戦後最大のGDP(=国内総生産)600兆円に向けて、強い経済を確かなものとする予算であります。安心して子どもを産み育てることができる社会をつくる。来年度予算は希望出生率1.8という的に向かって、力強い矢を放つ予算であります」と述べました。

また、「経済対策の実を上げるためには、予算を早期に執行することが必要」として、可能なものから前倒し、実施する方針を明らかにしました。来年4月の消費税率10%への引き上げについて、「リーマンショックや大震災のような事態が発生しない限り、来年、予定通り引き上げていく」と述べた上で、衆議院の解散については「頭の片隅にもない」と否定しています。

予算を巡る審議では、甘利前経済再生相の辞任や待機児童問題など様々な問題が浮上しましたが、結果的には与党ペースで審議が進んだ格好です。

空虚な予算成立

空虚な予算成立

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

安倍政権はこの予算の成立を受けて、今後の軸足を新たな経済対策に移します。5月にも実施を表明する経済対策がどの程度の規模になるかが、首相の解散戦略を占うものになります。最大の景気対策と言っていた予算が成立した途端に新たな対策というのも不思議な話ですが、7月の参議院選挙、さらには衆参ダブル選挙の可能性も含んで経済状況を上向かせることがまったなしの課題ということなのでしょう。

官邸筋は「増税に踏み切るならば、景気下支えに加えて増税の環境整備のために大規模な補正を打つ」と解説。それとは逆に経済対策が小規模にとどまれば、増税先送りと6月1日の国会会期末に合わせた衆院解散、同日選が現実味を帯びてきそうです。

後半国会の焦点は、TPPの承認案などをめぐる審議に加え、「一票の格差」是正に向けた、衆議院の選挙制度改革や、消費税率10%への引き上げの是非に移ります。しかし、えらくまた、空虚な目標が並んだ予算が成立したものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

大西議員「巫女さんのくせに」

24日、自民党の大西英男衆院議員(東京16区)は、所属する細田派の会合で、衆院北海道5区補選の応援で現地入りした際、神社の巫女さんから「自民はあまり好きじゃない」と言われた出来事を紹介。「巫女さんのくせになんだと思った」といちゃもんをつけました。

大西氏は補選の必勝祈願のために神社を訪れ、出会った巫女に自民公認候補への支援を依頼したが、断られたといいます。「巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」とも述べています。

大西氏は、昨年6月の自民党議員の勉強会で、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」などと発言し、党から厳重注意処分を受けています。今回の発言についても、ネット上では、「巫女さんに何て口を」「これセクハラじゃん」「面白くもないし不快だろ」といった非難が相次ぎました。

国会議員のくせになんだ

国会議員のくせになんだ

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

この女性蔑視とも取れる発言に、自民党幹部はお怒りです。谷垣幹事長は、「意味不明であって、誠に不適切であります」と語り、二階総務会長は「国会議員たる者は発言や行動を自ら戒めてほしい」と苦言を呈しました。大西議員は「軽率な発言であったことを謝罪する。今後は発言・行動により一層の注意を払い、議員として活動して参ります」とのコメントを出しました。

この発言、女性蔑視、職業差別というだけでなく、神社系列は自民党の配下にあるという思い上がりがあるのだといいます。
巫女さんのくせにだと。。。国会議員のくせになんだ(笑)
いやはや、ほんと自民党の議員、懲りない面々が多いですね。。。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

相次いで浮上する、巨大与党の緩み

政府・与党の緩みと言われてしかたのない事態が相次ぐ中、今度は、自民党の松島みどり衆院議員の振る舞いが批判を浴びています。
9日の衆議院外務委員会で、岸田外相の隣に座る元法相の松島議員が、国会審議中に大あくびや読書、携帯いじりをして、謝罪コメントを出す事態になっています。

岸田外相が答弁する脇で、大あくびをしながら読んでいた本は、「世界最強の女帝メルケルの謎」。
ドイツのメルケル首相から、何かを学ぶことはできたのでしょうか(笑)

委員会の場での松島議員の振る舞いに、SNSでは、「議員失格」「態度酷すぎ」「こんな人が国会議員っておかしい」「つまみ出せよ!」「民間企業の会議ならクビ」と非難囂々です。これに対し、松島議員は18日、「わたしの所作につきましては、弁解の余地もございません。深く反省しております」というコメントを出しました。

戦力外通告

戦力外通告

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

岸田外相も、隣の松島氏の所作をチラ見して驚いたような感じでした。せめて一言、注意するべきでしょう。

うちわ問題で大臣の座を追われて1年余り。「喫茶店で暇つぶししとるオバハンか!」と揶揄される方が国会議員です。やる気ないのは判りましたので、即刻議員を辞めていただきたいものです。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

保守層引きはがし狙う

13日、安倍首相は、自民党の党大会で「選挙のためだったら何でもする、誰とでも組む、そんな無責任な勢力に負けるわけにはいかないんです。こうした民主党、共産党、“民共の勢力”との戦いになります」と民主党を厳しく批判しました。

この発言に対し、民主党の枝野幹事長は、首相が自民党大会で夏の参院選を民共の「無責任勢力」との対決と位置付けたことに対し、「自民党と公明党は憲法観が全然違うのに、選挙のためなら何だってする。そっくりそのままお返ししたい」と反論しました。

共産党の志位委員長も、「対決の構図は自公対民共ではなく、自公対5野党プラス国民だ。5野党は立憲主義・民主主義の回復という国民的大義の下に結束している」と強調しました。

自民党は、参院選を「自公対民共の対決」と位置付け、野党共闘の動きに揺さぶりをかけています。共産党と選挙協力を進める民主党を「左派」と印象付け、同党を支持する保守層を引きはがそうという狙いです。

下手人

下手人

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

各党、微妙な温度差の中、参院選は4ヵ月後に迫っています。今月中に合流する民主、維新両党は、新しい党名について「民進党」とすることを決めました。

正直、新鮮味や期待感、ワクワク感が湧いてきません。これで良かったのでしょうか。本当に党名の変更が必要だったのでしょうか。一抹の不安を感じつつ、「野党は頑張れ」のエールは送りたいと思います。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

東日本大震災から5年

東日本大震災から5年がたちました。現在も17万人以上の方々が不自由な避難生活を強いられています。避難生活の長期化や震災の精神的ショックなどで体調を崩し命を落とす「震災関連死」は3400人を超えています。あの日から丸5年が経過しても、多くの被災者が生活再建の途上にあり、将来への希望を見いだし得ない現実は、政治の怠慢と言うほかありません。

被災地の苦境を尻目に、安倍政権は震災の「集中復興期間」の延長に応じず、国が復興事業費を全額負担してきた従来の姿勢を改め被災自治体にも財政負担を求める方針に転換しました。震災被害が大きく、今後佳境を迎える事業が多い自治体ほど負担が重くなり、「復興格差」をさらに広げかねません。

さらに、首相は、福島第一原発事故に伴う放射線量の高い帰還困難区域(対象住民約2万5千人)の指定を一部解除する見直しについて、「帰還困難区域においても放射線量が低下している。地元の皆さんのふるさとへの思いをしっかりと受け止めながら、今年夏までに国の考え方を明確に示したい」と述べています。

被災地の避難指示区域は、年間積算放射線量の高い順に、帰還困難区域(50ミリシーベルト超)▽居住制限区域(50ミリ以下~20ミリ超)▽避難指示解除準備区域(20ミリ以下)の三つに分かれています。政府は夏までに帰還困難区域の放射線量を調べたうえで見直し、その一部を居住制限区域などに振り分ける見直し案を示すとみられます。

アウトレイジ

アウトレイジ

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

帰還困難区域と居住制限区域との間は、バリケードで仕切られています。しかし、空間そのものを遮断できるわけではありません。局所的に高い「ホットスポット」も多数残っています。国から「帰りなさい」と言われても帰れないのが実情です。にも拘らず、避難指示を解除し、それと一体で賠償も打ち切ろうとしています。
原発再稼働・推進のために、除染と賠償の打ち切りなど福島原発事故を「終わったもの」とする政府の姿勢は許されるものではありません。

安倍首相の決まり文句は、「東北の復興なくして日本の再生なし」ですが、「保育園落ちた日本死ね」の切実な声を「ヘイトスピーチ」と捉える、安倍政権のもとでは「日本の再生」は無理というものです。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。