安倍首相は、何をしたいのか。目的は何なのか。

旧日本軍の従軍慰安婦制度について、軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話(1993年)をめぐり政府は20日、談話の作成過程の検証結果を国会に報告しました。
報告は、談話を作成した際、当時の政府関係者が水面下で韓国当局者と入念に文言を調整した、としています。
韓国側の求めで「軍の積極的関与」を示唆する表現に手直ししたことも盛り込み、客観性に疑いを投げ掛けるものとなっています。

「日本が軍の積極的関与を認めたのは、韓国に配慮したから」という主張が見え隠れしています。
安倍首相の本音は「軍の積極的関与」そのものを否定したいのでしょう。

漏らした 記者が悪い (画像をクリック)
漏らした 記者が悪い
(illustrated by 工場長)

日韓関係を阻害してきた微妙な問題であることは、分かっているはずです。
この検証が国益にかなうのでしょうか。
韓国は「日韓関係の基礎をなす談話を破壊する行為」と反発しています。
日本が問題を直視せず、内向きな自己弁護を重ねる限り、国際的な信用を得ることは不可能です。

安倍首相は、何をしたいのか。目的は何なのか。
「集団的自衛権」を解釈で容認しようとし、新しく制定された「防衛装備品移転三原則」で、さっそく日本の企業は武器の売り込みに熱心です。そして、東アジアの微妙な問題に火をつけてまわります。
自衛隊が戦後初めて発砲するのはどこでしょうか。。。アジアでしょうか。それとも国連、集団安全保障の戦闘地域になるのでしょうか。
そして、自衛隊員、国民に死傷者が出て、追悼式で安倍首相は、「英霊」「尊崇の念」「御霊」の言葉を駆使して自分に酔いながら追悼演説を述べるでしょう。
その時、安倍首相の胸に去来する思いは、これでやっと「日本を取り戻した」ということなのでしょう。
そんな時代が目前です。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる