スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明党の虚しい最後のセレモニー

公明党は、1日に集団的自衛権などを巡る11回目の与党協議が開かれるのを前に、30日、国会内で外交・安全保障に関する合同調査会を開き、およそ3時間にわたって議論を行いました。
この中で、政府側が集団的自衛権の行使は憲法上許されないとしてきたこれまでの憲法解釈を変更し集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の最終案を示しました。
これを受けて、公明党執行部は1日朝の自民党との与党協議で合意し、党内の了承手続きを進める方針です。

山口さんと北側君 このごろ少し変よ (画像をクリック)山口さんと北側君 このごろ少し変よ
(illustrated by 工場長)

出席者からは「長年の憲法解釈をいったん変更すれば、後戻りできなくなる」といった批判や「国民の理解が十分進んでいない」として、慎重な対応を求める意見が出る一方で、「もう決めるべきときに来ている」という指摘も出されました。
会合の最後に山口代表が「与党協議では、他国のためだけでなく、日本国民の生命、自由、権利を守るための限定的な行使容認であり、閣議決定案以上のことは憲法改正でなければできないことを確認するなどの歯止めを勝ち取った」と述べ、理解を求めました。
続いて、井上幹事長が「あすの与党協議の対応を一任してほしい」と述べたのに対し、異論は出ず、対応を執行部に一任することを決めました。
公明党の虚しい最後のセレモニーです。

追記
山口代表の詭弁はともかく、我々国民がさらに声を上げねばなりません。
支持率が20%を切ればレイムダックに、10%を切れば政権維持が困難になります。
安倍政権を倒すのはやはり国民です。「日本を取り戻す」、安倍首相から取り戻す。
我々のさらなる決意が問われています。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。