プライドチキン 4コマ漫画 Vol.48

8月15日、今年も「敗戦の日」がめぐってきました。
戦後の出発点といえる「不戦の誓い」を新たにする一日ながら、平和主義の先行きに従来と異なった不安を感じる人も多いに違いありません。

安倍首相は式辞で「歳月が流れても、変えてはならない道がある。今日は、その平和への誓いを新たにする日だ」と強調しましたが、戦争の反省を踏まえた「不戦の誓い」や、アジア諸国に多大の損害と苦痛を与えたことへの「深い反省」には触れませんでした。
戦後史で議論になるのが「日本の歴史観は戦勝国から押しつけられた歴史観」であり「自虐史観」を引きずっているとの指摘です。安倍首相の再登場で、右派論壇の歴史修正主義的主張が一段と強まっています。

プライドチキン 4コマ漫画 (画像をクリック)
プライドチキン 4コマ漫画 第48話
(illustrated by あんべちゃん)

自民党は「押しつけ憲法」から脱却するため自主憲法の制定や天皇の国家元首化、自衛隊の国防軍化を志向しています。
国家安全保障会議(日本版NSC)創設や特定秘密保護法の制定、さらに集団的自衛権の行使容認など安保政策の大転換は「強い国家づくり」の一環です。

こうした政治の右傾化は中国や韓国などを過度に刺激し、反発を増幅させています。
首相は国内の懸念や近隣国の批判に配慮する気配はありません。
噴き出す過去とどう向き合い、どう歴史を清算しようというのでしょうか。

追記
菅官房長官が8月14日付で「国民は15日の正午に黙とうを捧げるように」との談話を出しました。
とうとう政府が国民の内心の自由にまで踏み込んできたという気がします。
解釈改憲をして日本を戦争の出来る国にした安倍・菅政権が、何に向かって黙とうしろと国民に命じるのか。
少なくとも安倍・菅政権にだけは黙とうしろとは言われたくありません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる