スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ朝日 「報道ステーション」の謝罪

朝日新聞関連の記事について様々なご意見を頂きましたので、異例ですがお答えしたいと思います。
資料室にお送り頂いたコメント(公開、非公開にかかわらず)に対して僕はお答えすることはありませんでした。
そのお答えも含めて、いつも記事をあげているつもりですので、あえて個々の質問にお答えはしてきませんでした。
しかし、今回の朝日新聞関連の記事については言葉が足りなかった部分もあると思いましたので、ここでお答えしておきたいと思います。

現在の新聞は新聞社によって物事のとらえ方や評価が正反対になることも珍しくないと思いますし、それは健全な事だと思っています。
現在、大手新聞では安倍政権支持は、読売新聞、産経新聞、日経新聞、不支持は朝日新聞、毎日新聞と旗色は鮮明です。
戦前、戦中のようにすべての新聞が「戦争」を支持し礼賛したように、一方向に報道が流れだした時が本当に危険です。

しかし、「事実」は一つです。これが歪めたり捏造されたのでは新聞の使命は終わりです。
さらに「事実」の一部を抽出したり、「事実」を切り張りして新たな「事実」を作る事を行なってしまえば、新聞の価値はゼロです。
もちろん、これは新聞に限らず報道全般に言える事です。

古舘伊知郎氏 謝罪 (画像をクリック)
古舘伊知郎氏 謝罪

ご意見の中にあった、テレビ朝日の「報道ステーション」の謝罪にも触れておきます。
原子力規制委員会は12日、テレビ朝日の「報道ステーション」で10日に放送された田中俊一委員長の会見をめぐる報道の一部に事実誤認と誤解を与える編集があったとして、訂正と謝罪をテレビ朝日に求めました。
これを受けて、テレビ朝日は12日の放送で、事実誤認と誤解を招く表現があったと認めたうえで、古舘キャスターが「大きな間違いを犯した。田中委員長はじめ関係者、テレビをご覧の皆様に心からおわび申し上げます」と謝罪しました。
田中委員長の会見を恣意的に切り張り編集したもので、「誤報」ではなく明らかな「捏造」で許されません。番組、打ち切りものの事態だと思います。

新聞やテレビ、すべての報道機関は「朝日新聞」「テレビ朝日」を他山の石として「真実」の報道に努めて欲しいものです。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。