スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お電話作戦も奏功せず 地方が見えない安倍政権

前知事の辞職に伴う佐賀県知事選は11日投開票され、JAグループ佐賀の政治団体「県農政協議会」が推薦する元総務官僚、山口祥義氏が、自民、公明両党の推薦を受けた同県武雄市の前市長、樋渡啓祐氏ら3氏を破り初当選しました。
選挙戦では、自民党を長年支えてきたJA側が「負ければ農協改革が進んでしまう」との懸念を強め、「県農政協議会」をフル稼働、市長時代の樋渡氏の政治手法に批判的な首長や民主党、連合などとの連携も強化し激戦を制しました。

昨年11月の沖縄県知事選に次ぐ事実上の自民分裂選挙となり、自民党本部は国政選挙並みに樋渡氏を全面支援しましたが、年明け最初の知事選で敗れ、安倍政権には打撃となりました。

お電話作戦も奏功せず (画像をクリック)お電話作戦も奏功せず
(illustrated by 工場長)

安倍政権の規制改革に反発するJAと政権与党による代理戦争の様相を呈しましたが、山口氏が樋渡氏を退けたことで、安倍政権が進める農協を含めた規制改革やTPP、4月の統一地方選挙にも大きな影響があると思います。「農協を敵に回して選挙は勝てない」との声もあがってくるでしょう。
これで安倍政権の知事選は滋賀・沖縄に続いて三連敗です。疲弊する地方の中で安倍自民党に対する支持は盤石ではありません。

昨年末の衆院選の結果、長期政権を手に入れたと安倍首相はお考えかもしれませんが、地方からの反乱がその命運を絶つことになるかもしれません。

追記
当選を決めた山口氏は、原発について「再稼働の方向で考えたいと思っているが、県民の意見をしっかり聞きたい」と述べる一方、政府が計画する佐賀空港への陸上自衛隊の新型輸送機オスプレイの受け入れについては「現時点では判断していない。国から影響を聞き、県民の意見も聞いて判断したい」と述べています。

★ 【佐賀新聞号外】 年またぎ 知事選 山口氏 初当選
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。