日本外交の基礎「平和主義」の原則はどこへ

安倍首相は、29日午後の衆院予算委員会で、過激組織IS(イスラム国)による日本人人質事件を踏まえ、自衛隊による在外邦人救出を可能とする法整備に意欲を表明しました。
民主党議員の質問に対し、「領域国の受け入れ同意がある場合は、自衛隊の持てる能力を生かし、救出に対応できるようにするのは国の責任だ」と答弁。
 
人質事件が進行中の今、このタイミングで「ファイティングポーズ」の姿勢を示してどうするつもりなのでしょうか。
IS(イスラム国)の関係者は想像以上に日本の世論を見ています。事態をさらに危険な方向に向かわせる発言ではないでしょうか。
力技で解決しようとするのではなく、後藤さんにメッセージを送るとか、日本としての「平和」を発信してほしものです。

オレはツイている (画像をクリック)
オレはツイている
(illustrated by 工場長)

昨年、ロシアがウクライナに侵攻したのは「ウクライナ国内にいる自国民救済のため」という名目が発端でした。
「邦人救出」というのは、戦争の大義名分にもなる危険な魔法の言葉です。
また、安倍首相は「後方支援は武力行使ではない。国連決議がある場合でも、そうでない有志連合の場合でも憲法上は可能だ」とも述べています。
首相には、戦後70年間、日本が戦争に手を染めずにこれた理由を考えて欲しいと思います。

こんな事よりも、虎の尾を二度と踏まない事のほうが大事じゃないのでしょうか?

★ 後藤健二さんの妻のメッセージ(1月29日、午後10時すぎ)
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ご冥福をお祈りいたします

本日、湯川遥菜さんに続いて、後藤健二さんを殺害したとする
新たな映像がインターネット上に公開されてしまいました
御二人の御冥福をお祈りするとともに、なんとも言えない気持ちになりました

しかし、殴られたら殴り返す外交はしないでいただきたい
決して暴力が防衛の要でない事は、米国が証明しています

No title

すいません。
ISISって、周辺の住民たちを暴力をもって支配している人たちですよね。
ただ、当然のことながら、現地だけで無法をしているだけなら、他国も手出しはしなかったでしょう。現地民がどれほど悲痛な思いをしようが、シリア内戦のように見ているだけです。
しかし、そうではなかった。このままでは、諸外国内に懸案を抱えることになる。
カナたっちゃんさんのお嫌いなアメリカが、ISISの資金源となっている油田を空爆したからこそ、今、内部がごたついているわけです。
それだけで崩壊するとは思えませんが、強力な1つの方策でしょう。
武器の流れ、人の流れを断つ。
それ以外に力を削ぐ方法を考えられないのですが、カナたっちゃんさんには、当然、何か良きアイデアがおありなでしょうね。
暴力が防衛ではない、と言い切るのですから、他に方策がないわけではないのでしょう。
よかったらお教えいただけませんか?
ちなみに、ISISの教えを理解する、、、という方法は却下させて頂きます。
彼らの教えは、「従わぬ者は殺害せよ」ですから。
サッカーをTVで見ていただけの少年を幾人も殺害する考えなど、私には理解できませんし、したくもありません。

No title

少し言葉が足りなくて、つるさんへの意見と思われてしまわれたのであれば、それは違います。
「殴られたら殴り返す」は、自分でも変な表現と反省しています。
勿論、武力攻撃されても、黙って受ける...なんておかしいですから防衛は必要ですよね
でも、他国に出向いてまでの積極的平和主義には同意できません(私の意見です)

今回、私が言いたかったことは、1月25日にNHKの日曜討論で
安倍首相が言ったことに私が感じた懸念を投稿しました。(書くべきでした)
その番組の中で、外交、安全保障に触れ、集団的自衛権の法整備、法案についての問いに
「今回の様な事例で自衛隊が邦人を救出する事ができるようにするための法律」と安倍首相本人が明言していました。
三要件があるから、と言いますが、とても曖昧な表現としか私には思えません
事件を政治利用しようとしているのではないかと危惧しています。

今回のような人質事件において自衛隊が邦人救出なんてできないことと思いますし
NHKの過剰なニュース報道にも冷静に聞く姿勢が必要かと思います。

人質の救出と言いますが、国内の単独犯であっても困難なのに
自衛隊が他国に出向き、不特定多数の敵からの人質救出なんて不可能でしょう
一歩間違えば、双方に多数の犠牲者が出て
更なる泥沼に陥ることになるのではないでしょうか。

No title

他国に出向いての積極平和主義、、、というものが具体的に何をどうすることなのか、私にもわかりません。
しかし、自衛隊が他国にでむき、人質を救出することは不可能であると、どうして、カナたっちゃんさんは思われるのですか?
現に、他国でやっているところはありますよね?
日本は憲法があるからできないと思われるですか?それとも自衛隊にその能力がない、と思われるからなのですか?

私は、国民を守ることが政府の責務であると思っています。
それができない縛りがあるのなら、それを取り除くことも自国民の責務であると思っています。
今回、香山リカさんが、ご自身のツイッターで
「このような事態になった時、やはり頼れるのは政府であり、今はその行動を祈りをもって見守る」
というような趣旨の発言をされました。
国境を超えて、何か自国民に起こった時、助けにいけるのは政府しかありません。

仮に、日本政府が人質救出に向かったことで、テロが日本国で怒り多数の人が死傷したとします。
「二人を救うために、何十人もの人が死んだ!」
と、田岡さんなら言うことでしょう。
私は異なる意見を持っています。
すべての手を尽くして国民を守ろうとしてくれる政府だからこそ、国民もそれを支えようとするのではないかと思うのです。

もし、カナたっちゃんさんの身近な人が外国で災禍にあわれたら、考えられる手を尽くして欲しいと思いませんか?
今回のような、外務省が渡航注意勧告をしている危険地域に大の大人が自分の判断で入った場合は、色々と考えることがありますが、拉致問題や、仕事や人道支援で危険地帯にいる日本人は多いのです。
私は、武力というものも外交カードの1つだと思っています。
何故なら、日本のように平和な国など、世界に稀だからです。
銃を向けられているのに、「話し合いをしよう!」などと言って近づいていい国など現実にないことを知って下さい。

No title

難しい問題ですよね、この件では、つるさんと私が議論すると、どこまでいっても平行線のような気がします。
とても勉強になります。
ただ、「上げ足をとる」つもりはありませんが、つるさんのお話しの中で、「日本政府が人質救出に向かった」云々とありますが、これは違いますよね。人質救出に向かうのは、自衛隊の若者達ですよね、そして彼らにも家族や友達がいます。

基本的に私個人の意見は、人質の救出は無理だと思っています。
自衛隊に救出能力がないかは判りませんが、やるべきではないと思っています。
多分、私は冷酷な人間なのかも知れませんね。

私の考えの根本は、「怒り、恨みは連鎖を起こす」と思っています。
起こってしまった出来事には、どこかでどちらかが我慢しなければならない
互いに争えば、連鎖を生むだけではないでしょうか
非道な集団、人間とこちらが思っても、向こうから見れば、こちらが非道と主張するからです。

怒られるでしょうけれども、拉致問題は別ですが、仕事や人道支援で危険地帯にいっている日本人はしかたがないとも思っています。
銃を向けてくる者に「話し合おう」とは、さすがに思いませんでしたが、そのような状況に立ちいらないための「ふるまい」や、政治姿勢があるのではないでしょうか。

つるさんが言われたように、私の身近に災禍にあった経験がないためかもしれません
傷つける言動があったかもしれませんが有難うございました。
デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる