スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保法制自公協議 安倍政権の暴走

安倍政権は、自衛隊を「いつでも、世界のどこにでも出て行ける」部隊にしたいとの思いをむき出しにしています。
新たな安全保障法制の整備に向けた自民、公明両党の協議会で、政府が海外での自衛隊の活動を拡大する方向で次々と新たな提案を出してきました。

国際紛争時に他国軍の後方支援のため自衛隊の海外派遣を随時可能とする恒久法、その支援は国連安全保障理事会の決議に基づかない武力行使の後方支援も可能とする。
後方支援は武器・弾薬の提供も認め、戦闘機への給油・整備も含め幅広い支援をする。
周辺事態法も改正し、自衛隊活動を制限してきた地理的概念を撤廃する。。。などの項目がならんでいます。

アベノリスクを徹底解剖
アベノリスクを徹底解剖
(illustrated by 工場長)

はっきりしてきたのは、憲法の平和主義に基づいて自衛隊に課せられたさまざまな制約を、一気に取り払おうとする政権の強引な姿勢です。

国際情勢が厳しさを増しているのは事実です。しかし、これほど国際秩序を乱したのは過激派や紛争の当事者だけではありません。
先進諸国の武力介入や弾圧や制裁が、さらに混乱を招いています。 安倍首相の中東での演説をはじめ、日本にも混乱を招いた責任があります。
しかし今の日本は混乱を収めるどころか、渦中に身を置き、翻弄され、威嚇し、平和国家としての主体性を失い迷走を始めています。

追記
集団的自衛権の行使を容認した昨年の閣議決定を含め、根っこにあるのは安倍政権の憲法軽視の姿勢です。
さらに、首相はお気楽に、矜恃や品位の欠片もない「ヤジ」を国会で飛ばします。
公明党は、政権の提案に対し表向き慎重姿勢ですが、すでにお家芸の「安倍さんが、やりたいのだからしょうがない」の声も漏れ始めています。
こういう政治状況下で、安全保障法制の議論が進むのは本当に危険です。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。