スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな内閣、昔なら吹っ飛んだでしょう

西川前農相の辞任に続き、閣僚の政治資金問題がまた浮上しています。
下村文部科学相と望月環境相、上川法相の3人です。いずれも違法性を否定していますが、国民が納得できるものとは言い難いものです。
閣僚辞任のドミノに発展するようなら政権が被る痛手は大きく、政府・自民党側は、「違法性はない」(菅官房長官)と火消しに懸命です。

民主党の馬淵議員が指摘している「17分の7」という数字。およそ41.2%ということになりますが、これは過去30年間で「政治とカネ」問題によって辞任した閣僚17名のうち、安倍内閣の閣僚が占める割合(第一次政権から7人)のことを示しています。
安倍首相の任命責任が問われると共に、「人を見る目の無さ」と「政治とカネ」の問題に対する寛容さが際立っています。

辞任サークル

辞任サークル

(illustrated by 工場長)

安倍首相は、国会論戦で「日教組!」などとヤジを飛ばし、しかも事実誤認で、後日訂正と謝罪しています。
このヤジ問題は、西川前農相の献金疑惑と辞任騒動の陰に隠れてしまっていますが、実は重大かつ深刻な問題です。
このヤジ、ネトウヨの「反日」「売国奴」など、何の議論も対話も成立しないような根拠のない罵詈雑言となんら変わるところはありません。

吉田茂首相の「バカヤロー解散」に匹敵するような、本来は内閣が倒れるような問題です。訂正と謝罪で終わるようなヤジではありません。
首相の発言はそれほど重いということですが、マスコミは、政権からのクレームが怖いのか、大きくは報道していませんし、野党もすでに追及の手を弱めています。
政権は、首相のヤジの火消しの為に西川氏の辞任のタイミングを利用したのかもしれません。

追記
安倍首相が、5月に訪米し米国議会で演説をするようですが、またロクなことにならないような気がします。
ジャーナリストに出された旅券返納命令、首相に命令した方が「国益」にかなうのではないでしょうか。
外務省の英断を望みます(笑)
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。