日本はどこへ向かっているのでしょう?

2017年12月17日、国家安全保障会議(日本版NSC)と閣議で、外交・安全保障政策の指針「国家安全保障戦略」と国防の基本的指針となる新たな防衛大綱、中期防衛力整備計画(中期防)が決定されました。
安保戦略には、武器輸出三原則の基準緩和が盛り込まれ、安倍首相が目指す集団的自衛権の行使容認への安保政策の見直しがまた一歩進むこととなります。

安保戦略には「愛国心」の表現も盛り込まれました。
安全保障の分野で国民に愛国心を押しつける・・・国民より国家が優先という発想がありありと感じられます。

先の臨時国会では、首相らが密室で安全保障の重要政策を決める日本版NSC創設法と国民の「知る権利」を侵す恐れがある特定秘密保護法が成立しました。
安保戦略や防衛大綱はその延長線上にあります。

国家安全保障戦略、防衛大綱の概要
1.尖閣諸島をめぐる中国との対立長期化を想定し、日本領域への脅威を排除するための防衛力強化
 離島奪還を担う部隊を創設
2.武器輸出三原則の見直し方針を明記
3.安保戦略は、基本理念に自衛隊の海外展開を図る「積極的平和主義」を掲げ
 中国の軍事台頭を「国際社会の懸念事項」とけん制。
4.防衛大綱の基本概念は「統合機動防衛力」
5.敵基地攻撃能力の保持は抑制的に記述
6.2018年度までに、オスプレイ17機や水陸両用車52両、無人偵察機3機などを整備

日本はどこへ向かっているのでしょう?


国家安全保障戦略には、本決定は、「国防の基本方針について」(昭和32年5月20日国防会議及び閣議決定)に代わるものとする。という記述があります。
国民に議論の中身を十分に伝えないまま、敗戦以来、平和国家として歩んできた国の形を変える重大な決定がなされる危険性が高まっています。

ナチスのヘルマン・ゲーリングの言葉です。
もちろん国民は戦争など望んでいません。
でも実は戦争を起すことは簡単なのです。
一般国民に向かっては「我々は攻撃されかかっているのだ」と危機をあおり、
そして戦争に反対する平和主義者に対しては「愛国心が欠けている」と非難すればよいのです。
これを繰り返せば、国家など簡単に戦争に向かいます。

安倍政権はナチスの手口を学んでいます。

国家安全保障戦略(全文 PDF)
平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について(全文 PDF)

 
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

衣の下から鎧が見え出した安倍A級戦犯内閣に、経済はおろか政治の舵取りを任す訳にはいかない。

ナチスと軍国日本が、かつて、いったいどれだけの人々を、塗炭の苦しみへ打ち落とし、民族、国家を破綻させたか。ドイツは徹底したナチス排除を果たし、民主主義を深めてきたのに比べ、日本はA級戦犯を政治の世界に復帰させたばかりでなく、その結果、歴史教育から侵略戦争の事実を切り離し、意識的に教えない、犯罪にも匹敵する歴史教育を指導してきた。今ここへ来て又 世界の情況から離れ、非常識な破綻のシナリオに向けて、内閣に都合のいい各指導者の人選が行われ、無責任な反民主主義法案を整備しようとしている。いつになったら学ぶのか日本人よ!目を覚ませ!!
デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる