スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八紘一宇」を礼賛 とうとうこんな言葉が国会で

帝国議会での発言ではありません。16日、参院予算委員会で自民党の三原じゅん子参院議員が、大日本帝国が海外侵略を正当化するスローガンとして用いた言葉、「八紘一宇」こそが、日本の取るべき道であるとの熱弁を振るいました。同理念のもとに経済や税の運用をしていくべきだと主張しています。

「八紘一宇」は「世界を一つの家にする」という意味ですが、先の大戦中には日本軍のアジア侵略を正当化するための標語として、学校などで教えられていました。侵略の「根本原理」として用いられていたのです。

歴史的に重大な経緯のあるこの「八紘一宇」という言葉を戦後70年を迎えた年に、軽々しく使う姿勢は浅はかとしか言いようがありません。
ただでさえ安倍政権の右傾化が海外からの大きな懸念事項となっている現状に、火に油を注いだ形です。

麻生太郎もビックリだよ 「正直驚いた」

麻生太郎もビックリだよ 「正直驚いた」

(illustrated by 工場長)

戦後、「八紘一宇」は、GHQによる神道指令によって国家神道・軍国主義・過激な国家主義を連想させるとして、公文書におけるこの語の使用が禁止されています。
1983年の衆議院本会議では、あの中曽根総理も「戦争前は八紘一宇ということで、日本は日本独自の地位を占めようという独善性を持った、日本だけが例外の国になり得ると思った、それが失敗のもとであった」と否定的に言及しています。

戦前、戦中は、日本の海外侵略を正当化する大日本帝国の政策標語が溢れていました。
尽忠報国・挙国一致・神州不滅・鬼畜米英・勇戦力闘・無敵皇軍・一億玉砕・武運長久・忠君愛国・滅私奉公・堅忍持久・忠勇無双・東亜撹乱・断固駆逐・一億憤激・邁進一路・聖業完遂、等々
今、必要な四文字標語は、「安倍退陣」でしょう!
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。