国会の危うい空気

安倍首相が国会答弁で自衛隊を「わが軍」と呼んだことが波紋を広げています。
菅官房長官は「軍隊」の定義は明確でなく「国を防衛する組織を軍隊と言うなら自衛隊も軍隊だ」と説明しました。
国際法上、自衛隊は軍隊に該当すると考えられていることも反論の根拠に挙げましたが、国際法上軍隊と見なされるのは自衛隊員の保護のためであり、他国の軍とすべて同じ行動を認めるものではありません。

安倍政権が目指す安全保障法制は、自衛隊の海外での武力行使に道を開きます。平和主義をねじ曲げる強引な憲法解釈の末に自衛隊員を危険にさらし、命懸けで戦えという態度は無責任と言うほかありません。
自衛隊は海外で戦うための軍隊ではなく、あくまで専守防衛の枠内で行動するという基本を再認識すべきです。

この道 ヤバくね? もう破れてるし!

この道 ヤバくね? もう破れてるし!

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

かつて、中曽根内閣で後藤田官房長官は、イラン・イラク戦争で自衛隊掃海艇のペルシャ湾派遣の話が浮上した際、職を賭して反対し、前のめりになる中曽根首相にブレーキをかけました。
安倍政権には、首相にブレーキをかける役割の政治家が見当たりません。首相は、アクセル全開で、ハンドルは右にしか切れないようです。 安倍首相のキープライト運転は危険きわまりません。
それは国会の中で堂々と「八紘一宇」が語られる「危うい空気」へと繋がっています。

統一地方選が終われば、安保法制の条文化作業も本格化します。
憲法は99条で、国会議員は憲法を尊重し擁護する義務を負うと定めていることを再度認識していただきたいと思います。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる