スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ステーションのバトル

27日の報道ステーションで、古舘伊知郎キャスターと、古賀茂明氏が激しく応酬する一幕があり、波紋を広げています。
古賀氏が本論と関係ない自身の降板のことを話し始め、それを古舘氏が制すると、その発言が楽屋の発言と違うという趣旨のことを言い出し、録音まであるという一種の脅しに発展しており、古舘氏の顔がこわばっているのが見て取れました。

最後に自分の思いを伝えようとする古賀氏と、番組を守ろうとする古舘氏のぶつかり合いとなったのでしょうが、一種異様な雰囲気の中のやりとりでした。

光と影 際立つ黄金ライブハウス

光と影 際立つ黄金ライブハウス

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

古賀氏の行動について「勇気ある行動に励まされる」と言う賛同から、「コメンテーターとしては失格」などの苦言、古舘氏については「所詮、権力側に転んだ」など様々な論が飛び交っていますが問題の本質はそこではないと思います。

安倍官邸によるメディア操作・圧力の存在が、一つの報道番組を、あのような形に追い込んだとういことではないでしょうか。
大手マスコミ幹部との会食をかさね「メディアコントロール」を続けた成果なのかもしれません。
報道ステーションを見て、報道が自壊してゆく姿に、安倍首相や菅官房長官は高笑いしていたと思います。

追記
菅官房長官は30日の会見で、古賀茂明氏が27日の報道ステーションで「菅氏をはじめ官邸にバッシングを受けてきた」などと批判したことに対し「全く事実無根だ。言論の自由、表現の自由は極めて大事だが、公共の電波を使った報道として極めて不適切だ」と不快感を示し、さらに「(報道した)テレビ局がどのような対応をするか、しばらく見守っていきたい」と語りました。
じわりと圧力ですね。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メディアへの圧力は安倍政権の支持率に反映していますね。これだけ批判が抑制されていれば支持率にも影響あるでしょう。
デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。