スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁長知事と菅氏が初会談

5日、翁長沖縄県知事は、菅官房長官と那覇市内のホテルで会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「辺野古の新基地は建設できないと確信している」と強調しました。
その上で、菅氏が辺野古移設を「粛々と進める」と繰り返す表現に対し「問答無用と感じる。上から目線の言葉であり、使うほど、県民の怒りが増幅するのではないか」と批判しました。

一方、菅氏は「辺野古移設は、普天間の危険性除去と抑止力維持の双方を満たす唯一の解決策と政府は考えている。断念すると普天間の固定化にもつながる」と述べ、辺野古移設を推進する考えに変わりのないことを強調しました。

翁長氏は安倍首相との面会を要請するとともに反対方針を重ねて示し、会談は平行線をたどりました。双方とも対話を継続する方針ですが、歩み寄りへの突破口は開けず、協議の難航は必至です。

ホワイトデーの旅行 どこがいけないの

ホワイトデーの旅行 どこがいけないの

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

菅氏は3日の会見で、昨年1月の名護市長選、11月の県知事選、12月の衆院選で辺野古新基地反対の候補がすべて勝利したことについて「総合的な政策の中で選ばれた」と述べています。
新基地反対の民意が示されたという見方を否定し、「普天間の危険性除去をなんとかしてほしいというのが沖縄県民の声」だと、臆面もなく問題をすり替えました。
移設反対が民意だと認めれば、工事強行の正当性を失ってしまので、こういう発言をなさるのでしょうが、このような認識の方ですので、もともと実のある会談は期待できるものではありませんでした。

4日、自民党沖縄県連の会長に就任した島尻安伊子参院議員は、県連大会であいさつし、市民の反対運動について「責任のない市民運動だと思っている。私たちは政治として対峙する」と驚くべき発言をしています。
これが、安倍政権全体を覆っている空気を反映しているのは明らかです。
安倍政権は、基地問題は「地元の頭越しには進めない」という、過去の自民党の原点を自ら破壊しています。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。