スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中谷防衛相、粛々と→堅実に進める

菅官房長官は、6日のBSフジ番組で、米軍普天間飛行場の移設先に関し、日米両政府が合意した名護市辺野古のほかに場所を検討する考えは「ない」と答えました。
5日に辺野古新基地に反対する翁長沖縄県知事と会談した際、翁長氏が普天間の「危険除去」について具体案を示さなかったことも明らかにしました。

辺野古の建設作業について「粛々と進める」という表現を「上から目線」というふうに感じられるのであれば使うべきではないと述べた菅氏ですが、それを受けて、中谷防衛相は「粛々」を「堅実」と言い換え発言しています。そのうち「淡々」となどと言い出しそうな勢いです。
これらの発言こそ「上から目線」でしょう。民意に寄り添い「対案」を出すべきは沖縄ではなく政府です。

優子主演 3本立て公開中

優子主演 3本立て公開中

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

今月末に安倍首相が訪米します。今回の翁長知事と菅氏の会談は、その際に辺野古移設の前進と、沖縄県の理解を得るための努力をしている実績を示す必要があったためともみられています。
しかし、打開へと行動を起こすべきなのは政府です。米海兵隊の配備先は、なぜ沖縄でなければならないのか。グアムに一部でなく全体を移せないのか。
場合によっては移設の必要性や移設先の検討に立ち返る議論にも、しっかりと米国と向き合っていく必要があります。
その覚悟ができないのなら、こじれた沖縄県との関係を正常化する信頼関係の構築など遠のくばかりです。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。