スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相、沖縄の声は聞こえたか

日程さえ合えば、いつでも会える首相と知事の会談が大々的に報じられること自体、異常なことです。
いかに政府と地元の間に解決の難しい懸案を抱えていようとも、いやそうであればこそ、積極的に対話を重ねる必要があります。

17日、安倍首相と沖縄県の翁長知事が官邸で会談しました。昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、初めてです。
辺野古新基地建設をめぐり、安倍政権と沖縄県が鋭く対立、翁長氏が上京の折、再三会談を求めながらすれ違いに終わっていました。

美麗だが、なんかイヤだな

美麗だが、なんかイヤだな

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

翁長氏が、辺野古新基地建設に反対を表明したのに対し、首相は現行計画を「唯一の解決策」とし、主張は平行線のままでした。
「自ら土地を奪っておきながら、老朽化したとか、世界一危険だからとか、嫌なら代替案を出せと言うのは、こんな理不尽なことはない」という翁長氏の訴えを、安倍首相は心に刻むべきです。
また、「沖縄は自ら基地を提供したことはない」と、米軍による土地の強制接収や戦争の歴史に言及しています。
「銃剣とブルドーザー」、この言葉が含む史実の重さを、首相はどう感じたのでしょうか。

安倍首相は26日から訪米し、オバマ大統領と会談する予定です。その際、翁長氏が言及した沖縄の新基地建設反対の民意や苦難の歴史を伝えることが重要な職責でしょう。
首相が寄り添うべきは日本国民たる沖縄県民です。まずは辺野古での作業を中止すべきです。それが沖縄県民の信頼を回復するための第一歩です。
それが出来なければ知事との会談は、理解を得る努力をしているという、「アリバイ」づくりと見られても仕方ありません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。