スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の節電目標 永遠に原発なしで乗り切れる

今夏も原発がなくても全国で電力が安定供給できる見通しになりました。
電力需要のピーク時の供給余力を示す「予備率」が、大手電力9社すべてで最低限必要な3.0%以上となるとの予測を、経済産業省が示しました。
数値目標を伴う節電要請も、3年連続で見送る方向です。

原発の再稼働がなくても電力が賄える状態が定着してきました。背景には東日本大震災以降、節電意識の高まりや電気料金の値上げなどで、電力消費量が減少していることがあります。

廃炉に向けて全力応援!!

廃炉に向けて全力応援!!

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

政府・財界と一体になって、原発に大幅に依存する体制をつくってきたのは電力会社です。
安全神話に溺れ、自らの見通しの甘さを棚に上げて、電力が足りないから再稼働というのは、まさに無責任の極みというほかありません。

原発依存度が高い、関西電力と九州電力は予備率が最低水準の3.0%で、他社からの電力融通がなければ乗り切れませんが、全国規模で電力融通を指揮する「電力広域的運営推進機関」も発足し、電力の周波数が違う西日本と東日本間で送電能力を2.5倍に増強し、融通しやすくなっています。
今後、全国規模で融通できるようになれば、太陽光や風力などの供給増につながります。
英知を結集すれば、原発に依存しない社会の形は必ず見えてきます。もちろん、今後も家庭や企業で節電対策を徹底するのは言うまでもありません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。