スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に、日本はどこへ向かっているのでしょう?

安倍首相が26日午前に靖国神社を参拝しました。
中国は、「強烈な抗議と厳しい非難」を表明、「両国関係の改善、発展に重大な政治的障害をもたらした」と述べています。
韓国は、「隣国と国際社会の憂慮と警告にもかかわらず参拝したことに、慨嘆と憤怒を禁じ得ない」とする政府声明を発表。
声明は「参拝は、誤った歴史認識をそのまま表したものであり、韓日関係はもちろん、北東アジアの安定と協力を根本から傷つける時代錯誤的な行為だ」と非難しています。
安倍首相は、中国や韓国との関係改善への道筋を拒否しているように見えます。

アメリカ政府は、安倍首相の靖国参拝に異例の反応を示しました。
在日米国大使館は同日午後、「米国は失望している」とする声明を発表しました。
「日本は大切な同盟国であり友人だ。それでも米国は日本の指導者が日本の近隣諸国との緊張を悪化させる行動を取ったことに失望している」と書かれています。
「日米関係はアメリカにとっても最も重要な同盟の1つ」と繰り返してきたアメリカにとっては、異例の強い反応といえます。
靖国神社参拝を近隣諸国との関係をこじらせるだけとの立場をとるオバマ政権は、公の場では見解を述べることを避けていたものの、今年10月、ケリー国務長官、ヘーゲル国防長官が東京を訪れた際、靖国神社ではなく千鳥が淵戦没者墓苑で献花し、安倍政権に対し靖国参拝を控えるようメッセージを送っていました。

欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表(外相)の報道官も26日に声明を出し、「地域の緊張緩和や、日本の近隣諸国、とりわけ中国、韓国との関係改善に貢献しない」と述べました。
声明は「慎重な外交による紛争の処理や、緊張を高める行為の自粛」が必要だと強調しています。
日本外交全体への悪影響は避けられないと思われます。
ここまで外交を無視した首相はいません。安倍首相が得たのは自己満足だけです。


本当に 日本はどこへ向かっているのでしょう?

政府は、23日に戦闘が激しくなっている南スーダンでPKO(国連平和維持活動)に参加している韓国軍に自衛隊の銃弾1万発を提供しています。
日本には「武器輸出三原則」という規則があり、武器に直接関係する装備の輸出を禁止しています。
銃弾という武器に直接関係している物を渡しているので、武器輸出三原則に抵触しています。

日本政府は武器輸出三原則の例外扱いというスタンスですが、銃弾が例外になるようならば、武器輸出三原則という規則の意味は無くなってしまいます。
安倍政権になってから、このような「例外扱い」で法律を無視するような行動が目立ってきており、このまま進むと法治国家としての日本は崩壊してしまいます。
安倍首相は、右へ右へと舵をきって突き進んでいます。

追記
安倍首相の参拝後のコメントを資料として全文を上げようかと思ったのですが、腹が立ってきたので止めちゃいました。

と思いましたが、資料室ですので愚かさとは何かを知らしめるためにも全文を掲載します。

安倍首相が、靖国神社参拝後に記者団に語った内容全文
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。