スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドチキン 4コマ漫画 Part2 Vol.15&16

翁長沖縄県知事は、5日に菅官房長官と、17日には安倍首相と会談しましたが、いずれの会談も平行線をたどりました。
知事と首相との会談後、菅官房長官は会見で、両者が頻繁に会うのは難しいとの考えを表明しています。
早くも、「対話は終わり」と言わんばかりの発言です。

菅官房長官は、前知事、仲井眞氏の公約破りの「埋め立て承認」を御旗に掲げますが、その後の選挙で沖縄の民意は辺野古新基地建設に「NO」を突きつけ続けています。
また、菅氏は16年前に当時の知事、名越市長が移設を受け入れたと主張しますが、それに対して翁長氏は「代替基地は軍民共用とし、米軍に15年の使用期限を設ける事を条件としていた。前提条件が満たされなければ撤回する」との政府と沖縄県で合意ができていたと反論しています。

プライドチキン 4コマ漫画 (画像をクリック)
プライドチキン 4コマ漫画 第2部 第15話、第16話
(イラスト あんべちゃん)

知事は、18日には維新の党の江田代表と会談し、辺野古基地移転反対の理解を求めましたが、江田代表は、辺野古新基地建設に反対はしないという姿勢です。
民主党の岡田代表は、代表選挙の時から、辺野古基地移転以外ないと明言しています。
国会内で「辺野古新基地建設」反対の勢力は、共産党と社民党ほか少数にとどまります。

翁長知事は、米国の政府側にも沖縄の実情と意見を述べるため、5月下旬にも渡米する予定です。
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設阻止を目的に9日設立された「辺野古基金」には、すでに4600万円が寄せられています。
知事訪米の際には、基金を使って、米国内のメディアに意見広告を出す計画もあるといいます。
政府・与党内からは「米国で何ができるのか」と冷ややかな声も出ていますが、米政府要人と面会が実現すれば、辺野古新基地問題が大きく動く可能性があります。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。