スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相、米国議会演説 今もこの道しかない

訪米中の安倍首相は、30日未明、ワシントンの米議会上下両院合同会議で演説しました。
先の大戦への「深い反省」に言及し、戦後の日米の和解の歩みを強調し、米国人の犠牲者に哀悼を捧げ、アジアの国民に「苦しみを与えた事実」を認めましたが、中国や韓国をはじめ諸外国が評価する村山談話にある「侵略」や「心からのおわび」など謝罪の言葉には言及しませんでした。

日米関係では、戦後の同盟構築に触れ、「この道が、日本を成長させ、繁栄させた。そして今もこの道しかない」と述べ、同盟強化に取り組む決意を強調。日米同盟を「希望の同盟」と称し、ともに世界に貢献していくことを呼び掛けました。
祖父の岸元首相が1957年に米議会で行った演説も、先の大戦への謝罪には触れず、東西冷戦のまっただ中で「米国との提携こそ最も重要」と語っていました。安倍首相の胸の内は「じっちゃんの名にかけて!」といったところでしょうか。

また、集団的自衛権の行使を限定的に容認する安全保障法制に関し、今夏までに関連法案を成立させる方針を明言しました。日本の議会に、まだ法案も提出されていないのに外国の議会でのこの発言、いったいどういうおつもりなのでしょうか。

ここでも、「この道」かよ!

ここでも、「この道」かよ!

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

演説を聴いた米政府・議会の関係者からは、評価の声がある一方、首相が過去の植民地支配と侵略に対する「おわび」を表明せず、いわゆる従軍慰安婦問題にも触れなかったことを批判する声も聞かれています。
演説に先立ち米側は、中韓との緊張を緩和するため村山談話の継承を明確にするよう促していました。これに対し、日本政府高官は「反省は絶対に入るが、おわびは入らない」と明言し、「謝罪は繰り返さない」との首相の信念を代弁していました。

今回の演説は、首相が夏に発表する戦後70年談話につながるとして注目されていましたが、村山談話を引き継ぐかどうかは明快でないため、首相の歴史認識をめぐり警戒を緩めない中韓両国はもちろん、米側の懸念も払拭したとは言い難いものとなりました。

追記
NYタイムズが、安倍首相の両院演説について記事を掲載しています。
「安倍日本は何も特定しなかった」という見出しで、日米貿易と歴史認識に関する大雑把な感想を述べたに止まったとの論評でした。米国の関心事は、農産物、自動車、従軍慰安婦めぐる具体的発言だったが「無回答」だったとしています。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。