憲法記念日 平和主義の逸脱を危ぶむ

日本国憲法が施行されてきょうで68年です。今年は戦後70年。時代の変化にさらされながらも平和国家の礎となりました。その節目の年に重大な危機が訪れています。

戦後70年を境に「国のかたち」が変わろうとしています。いや、変えられつつあります。日本の政治状況を端的に表すなら、こんな姿ではないでしょうか。
主権者である国民の意思が十分に反映されないまま、為政者の判断で国の針路が変更される。それも憲法に関わる重大な政策転換がやすやすと進められていきます。立憲主義は死に瀕しています。

選挙で信任を得た政権が閣議決定によって諸施策を打ち出す。その手法は一義的に合法、正統な行為です。日米間の新指針も大まかな合意事項であり、国会の承認を必要とする条約とは異なります。
問題は、安倍政権がそうした国政の仕組みをいわば「抜け道」のように利用し、なし崩し的に「国のかたち」を変えようとしていることです。

戦争・原発・貧困・差別を許さない
戦争・原発・貧困・差別を許さない

憲法は元来、為政者の権限を縛るものです。権力の横暴を許さぬよう人類が生み出した英知でもあります。為政者が憲法に逆らうことはもちろん、その精神を勝手に曲げることは許されません。

大手メディアは、ほとんど報道していませんが、全国各地の憲法集会で多くの国民が安倍政権に「NO」を突きつけています!
大江健三郎さんが、横浜・臨港パークの集会で読み上げられた宣言が秀逸です。
また、米国で安倍首相が夏までの安全保障関連法案の成立に決意を示したことにも、「安倍は日本の国会で(そのことについて)はっきり述べて、われわれ日本人の賛同を得たことはない」と強調しました。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる