スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れた蓄音機か! 「辺野古移設が唯一の解決策」

「辺野古移設が唯一の解決策」。菅官房長官、安倍首相が相次いで会談して翁長知事に発したセリフです。
9日、知事と会談した中谷防衛相は「どう考えても」と前置きして同じセリフを使いました。
翁長氏は「(辺野古移設は)不可能だ。絶対に反対していく」と移設中止を訴え、協議は平行線に終わりました。

中谷防衛相は「どう考えても」と言うほど、真剣に何かを考えたのでしょうか。「唯一」という言葉を使って政権幹部が、そろって思考停止する態度は、まさに「政治の堕落」そのものです。

また、いけないものを沈めてしまった...

また、いけないものを沈めてしまった...

(イラスト 工場長)(コラージュ 副島和芳)

中谷氏は知事と会談する前に、名護市辺野古周辺の辺野古、豊原、久志の3区長と会談しています。条件付き移設容認の区長らと秘密裏に面談したことは、民意の分断を狙った姑息なやりかたです。

会談で翁長氏は、2年前に国会議員と意見交換した際「本土が嫌だと言っているんだから、沖縄が受け入れるのは当たり前だろう。不毛な議論はやめよう」と言った自民党議員の話を持ち出し、安保の負担を押し付ける本土側を痛烈に批判しました。

米軍基地の建設は地元の合意が大前提です。それが民主国家の最低限のルールでしょう。
安倍政権は、前知事の公約破りの「埋め立て承認」を御旗に掲げますが、それは地元の合意とは程遠いものです。

追記
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を訴える活動に充てる「辺野古基金」の共同代表に、映画監督の宮崎駿氏とジャーナリストの鳥越俊太郎氏の就任が新たに決まりました。宮崎氏はスタジオジブリを通して「沖縄の人たちがそういう覚悟をするなら、支援するしかないと思いました」との談話を発表しています。著名な宮崎氏らの共同代表就任は、全国や世界に「辺野古新基地問題」への関心を拡げる事となるでしょう。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。