スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳を塞いで突き進むのか

12日、自民党で幹事長や閣僚を歴任した山崎拓氏ら4人が、日本記者クラブで会見を開き、審議中の安全保障関連法案に、「憲法解釈を一内閣の恣意によって変更することは認めがたい」「国民は納得しておらず、大きな禍根を残す」などとして反対を表明しました。
出席したのは山崎氏と、自民党時代に政調会長を務めた亀井静香・衆院議員、元新党さきがけ代表の武村正義氏、元民主党幹事長の藤井裕久氏の計4人。いずれも戦前生まれで、武村氏、藤井氏もかつて自民に所属していました。

山崎氏は安保法制の整備で自衛隊の他国軍への後方支援が随時可能になることを引き合いに、「自衛隊が血を流し、相手方も血を流させることになるのは間違いなく、必要のない法改正だ」と主張。
亀井氏は「こういう基本的な問題については、国民の意思を問うのが当たり前だ」と強調しました。
また、藤井氏は「世界の警察官をできなくなった米国が日本に肩代わりを求めている」との見方を示した。
武村氏は「日本は専守防衛を貫いたから世界から信頼を得たが、このままでは外国の戦争に巻き込まれる」との懸念を示しました。

ホルムズ海峡では機雷に注意してくださいね!

ホルムズ海峡では機雷に注意してくださいね!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

「不戦国家から軍事力行使国家へとの大転換を意味し、国策を大きく誤る」などとする声明を発表し、亀井氏は、「日本が戦争に負けて以来、いま最大の危機にある。我々がじじいだからといって、黙っているわけにはいかない」と述べました。

この会見を受け、菅官房長官は、「もうすでに現役を辞められ、(国会議員の)バッジを外されている方で、それぞれ個人の意見表明だ」と指摘し、国会審議への影響については「全く影響ない」と述べています。もう、OBや憲法学者の声、もちろん国民の声も絶対に聞かないと宣言したに等しい傲慢さです。(亀井氏は現職なのに)
10日の衆院特別委員会で集団的自衛権容認の憲法学者の件で、「数(の問題)ではない」と述べた、菅氏です。よもや、法案を数の力で押し切るようなまねはなさりませんよね。
安倍政権は、どんどん墓穴を掘っています。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。