スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相 戦後70年談話 閣議決定せず ただの独り言?

安倍首相は戦後70年を迎える今夏に発表する「安倍談話」について、閣議決定をしない方針のようです。
過去の談話を大きく書き換えることへの懸念は、野党だけでなく公明党など与党内からも上がっています。また、中国や韓国も安倍談話の内容を注視しています。閣僚の同意が必要な閣議決定には、連立を組む公明党との事前調整が避けられません。談話を閣議決定せず、安倍首相の個人的な「首相の談話」とすることで、こうした調整を避ける狙いもあるとみられます。

内閣総務官室によると、閣議決定したメッセージは「首相談話」と呼ばれ、それ以外は「首相の談話」として区別される。
首相の思いを反映させつつ、中韓両国にも一定の配慮をみせるのが閣議決定見送り案なのでしょう。政府全体の意思となる閣議決定をしなければ「談話は首相個人の見解」と逃げをうつこともできます。ただ首相周辺も「閣議決定の意味をよく知らない人には違いが分からないと言われる恐れはある」と話しています。

【社説】嘘つきは自公の始まり

【社説】嘘つきは自公の始まり

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

村山元首相は、「世界中から注目を浴びている。総理個人の談話で出すとなれば、ますます(国際的な)疑念が深まるのではないか」と懸念を示しました。
閣議決定を見送るのであれば、ただの「独り言」と変わりません。かってに、妄言を吐かれると国民も国際社会も迷惑なだけです。
談話など出さない方が国際平和に貢献するのではないでしょうか。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。