スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民若手議員たちは首相の背中を見て育っている

安倍政権と考え方が近い文化人を通し、発信力の強化を目指そうと、安倍首相に近い若手議員が立ち上げた勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)の初会合で、出席議員が、沖縄の地元紙について「左翼勢力に完全に乗っ取られている。沖縄の世論のゆがみ方を正しい方向に持っていく」「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などと発言していたことが分かりました。

議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、講師役として招かれた、作家の百田尚樹氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張しました。

【社説】自民勉強会の名称「文化芸術懇話会」はギャグなのか

【社説】自民勉強会の名称「文化芸術懇話会」はギャグなのか

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

このほか、出席者から政権に批判的なメディアに関し「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」など、政権に批判的な報道を規制すべきだという発言が出ています。

「言論弾圧」を一気に加速し始めた、異常な恥ずべき自民党としか言いようがありません。
自民党の若手議員たちは、安倍首相の背中を見て育ちこういう思想に染まっていくのでしょう。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。