スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民報道批判 1強の堕落極まれり

自民党の若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で、報道機関への批判が相次いだことについて波紋が広がっています。27日の朝刊で大手新聞、地方紙の多くが社説で報道圧力に反発する姿勢を鮮明にしています。

百田氏の「沖縄の二つの新聞社はつぶさなあかん」はもとより、自民党、大西英男議員の安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるためには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との発言も酷いものです。マスコミに圧力をかけ、権力への批判を封じ込めたいという本音が丸見えです。

今回の勉強会に対して、首相は「党の正式な会合ではない」と述べています。「自民党は意見が自由に言える政党だ。自由な議論は制限しない」と「擁護」する閣僚もいます。内々の秘密会なら何を言っても良いというものではありません。
問われるのは、こうした自民党議員の無責任な政治感覚と排他性、不見識です。まさに自民党の「地金」が出たと言わざるを得ません。

きみたちは政治に手を触れるな!

きみたちは政治に手を触れるな!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

「文化芸術懇話会」が開かれた25日に予定されていた、自民党リベラル系議員の勉強会「過去を学び分厚い保守政治を目指す若手議員の会」は「時期が悪い」と注文をつけられ、中止に追い込まれています。自民党執行部は党内の異論封じへ引き締めを図っています。
安全保障法案への国民の理解が広がらず、憲法学者から「違憲」と指摘された焦りからか、身内の動向にまで敏感になっているようです。

リベラル系議員の勉強会で講演予定だった小林よしのり氏は、朝日新聞の取材にこう答えています。
勉強会の中止については「国会が空転しているから」という説明があっただけだ。その理由ならば、なぜ安倍首相シンパの会合は(同じ日に)できて、リベラル派の会合は開けないのか。「ああ、負けたんだな」と思う。小選挙区制によって、執行部の抵抗勢力になるのが怖くなったのでしょう。自民は全体主義になっている。

自民党内にはもう、多様な意見は許されない独裁政治の空気が蔓延しています。戦争法案と共に自民党の党名も撤回されたらいかがでしょう。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。