スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立憲主義をご存じない補佐官

礒崎陽輔首相補佐官が安全保障関連法案を巡り、「法的安定性は関係ない」とした発言について与野党から批判の声が上がっています。安保法案は27日に参院本会議で審議入りしましたが、野党からは礒崎氏の辞任を求める声も出ており、入り口から波乱含みの展開となっています。

礒崎氏は26日の講演で、関連法案に関し「わが国を守るために必要な措置かどうかを気にすべきで、法的安定性は関係ない」と述べ、憲法解釈を変更した場合に法的安定性が保たれる必要は必ずしもないとの認識を示しました。

ここも止めておかねばなるまい!

ここも止めておかねばなるまい!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

公明党の山口代表は党参院議員総会で「政府の側にあって対応に当たる人たちが、足を引っ張ることがないように」と不快感を示しました。自民党の谷垣幹事長も「きわめて配慮に欠けたことだ」と批判しました。
民主党の枝野幹事長は、「法解釈が一方的に変更されないからみんな、法のルールに従う。首相は法の支配のイロハのイもわかっていない補佐官をいつまで使い続けるのか」と辞任を求める考えを示しました。

「法的安定性は関係ない」が通るのであれば、もう法治国家ではありません。立憲主義を理解できない議員は即刻辞任すべきです。まぁ、違憲の戦争法案には「法的安定性」などありようもないのですが。自民党に提言したいと思います。そろそろ、オウンゴール議員連盟を作られたらどうですか(笑)
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。