政府、工事中断し沖縄県側と協議へ

4日、菅官房長官は、辺野古新基地建設問題で、8月10日から9月9日までの1カ月間、移設に関わる工事をすべて中断し、沖縄と集中的に協議を行うと発表しました。この間、計画に反対する沖縄県と集中的に協議する。また、中断中にサンゴ礁の損傷調査のため県側が米軍に申請していた臨時制限区域での潜水調査も許可されるとの見通しを示しました。

これを受けて記者会見した沖縄県の翁長知事は、工事中断中は県として新たな法的・行政的手続きを行わないことを表明しました。
知事は月内にも前知事が承認した「埋め立て承認」の取り消しに踏み切る構えを示していましたが、泥沼化するのを避ける必要があると判断したとみられます。

気を付けよう、「甘い言葉」と「問題ない」

気を付けよう、「甘い言葉」と「問題ない」

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

協議は政府側から申し出ました。政府は現在、ボーリング調査などを行っており、9月にも本体工事に着手する方針でした。作業中断によって、本体工事は秋以降にずれ込むことになります。ただ、中断期間中は台風シーズンで、作業が進まない時期に当たります。政府内には中断による影響は事実上ないとの見方もあります。

政府と沖縄県が集中的に交渉する方針を決めたのは、対立が続けば法廷闘争に発展しかねないからで、泥沼化回避のための「窮余の策」といえます。
政権には、安全保障関連法案で下がった内閣支持率が、原発再稼働、戦後70年談話、それに加え新基地建設の作業を強行すれば、さらに下落しかねないとの危機感もあったとみられます。

菅氏は会見で、政府方針変更の可能性を問われ、「政府の考え方を説明し、問題解決に向けて集中的に協議したい」と述べるにとどめており、政府は移設の変更はしない方針です。翁長知事も「工事中断は前進だ。辺野古移設は不可能と改めて申し上げたい。話し合いで解決の糸口をさぐる努力は惜しまない」と語り、移設を巡る出口が見えているわけではありません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる