スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被爆70年 日本は核廃絶に取り組め

広島と長崎に原爆が投下されて70年がたちました。二度とあの悲劇を繰り返してはならないと、日本はそう固く誓ったはずです。首をかしげたのは平和式典での安倍首相のあいさつです。
広島では近年の歴代首相が必ず言及してきた「非核三原則」に触れませんでした。批判を受けた形で長崎では一言触れたものの、本当に三原則を堅持していく決意があるのかを疑わせました。

広島で触れなかった理由を、「国是であり、当然の前提」だから省いたという趣旨の説明をしましたが、苦しい釈明です。式典の前日には、安全保障関連法案について中谷防衛相が自衛隊による核兵器輸送の可能性を「法文上は排除していない」と述べ、危険性が明らかになったばかりでした。

米軍の飛脚となるな非核たれ

米軍の飛脚となるな非核たれ

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

長崎平和宣言では、田上市長が、安保法案について「日本国憲法の平和の理念が、今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっている」と指摘、政府と国会に慎重で真摯しんしな審議を求め、出席者から大きな拍手を受けました。 被爆者代表の谷口稜曄(すみてる)さんは「戦時中に逆戻りしようとしている。核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもので、許すことはできない」と言い切りました。その声に、首相は応えるべきです。

本来なら、日本は核廃絶運動の先頭に立たなければならないはずです。にもかかわらず、安倍政権が目指す方向は逆ではないのでしょうか。 「日米同盟の強化」を強調し、自国の被爆者の訴えにさえ耳を傾けようとしない首相。「核軍縮の取り組みを主導していく決意を新たにした」と口にしますが虚ろに響くばかりです。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。