スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古新基地、本体工事に着手

29日、政府は辺野古新基地建設の埋め立てに向けた本体工事に着手しました。選挙、県民大会、現場での抗議活動とあらゆる手段で移設反対を訴えてきた県民らの声を無視して建設を強行する政府に対し、沖縄の怒りは頂点に達しています。
移設に反対する翁長知事をはじめとする沖縄の反対を振り切っての強行です。国の権限を振りかざし、沖縄の民意を踏みにじる強引な手法を、認めるわけにはいきません。

午前8時ごろ、沖縄防衛局は護岸工事に必要な仮設資材置き場の整備作業などを開始。中断していた残り5地点の海底地盤のボーリング調査に向けた準備作業も再開させました。周辺海域では建設に抗議する人たちのカヌーと警戒に当たる海上保安庁の船が対峙し、シュワブのゲート前でも抗議する多くの県民らと警察官がもみ合いとなりました。

翁長知事は記者団の取材に応じ、「強権極まれりという感じで大変残念だ。国に余裕がなく、浮足立っている感じがする。これからしっかりと対峙していきたい」と述べています。

新ポスター(笑)

新ポスター(笑)

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

政府の対応で目に余るのは、名護市辺野古など、地元地域の「久辺3区」に対し、政府が直接、総額3千万円の振興費を支出しようとしていることです。3区は地方自治法上の地方公共団体ではなく、名護市内の地域区分です。政府が県や市の頭越しに公金を支出するとすれば、極めて異例です。カネで一部地域を丸め込み、移設に反対する県や市との間を分断する工作であり許し難いものです。
これが、政府の言う「沖縄に寄り添う」ことなのでしょうか。

違憲の疑いの強い安全保障関連法の成立に続き、国の基本的な枠組みを安易にゆがめようとする安倍政権の姿勢は危険極まりないものです。
この政権に対する、沖縄のそして国民の怒りは頂点に達しています。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。