スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立競技場、狂想曲第二幕

新国立競技場、狂想曲第二幕の幕開けなのでしょうか。

14日、新国立競技場の建設計画で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は、二つの企業グループから設計・施工の応募があったことを明らかにし、外観イメージ図や総工費などを記したそれぞれの「技術提案書」を公表しました。両案とも工費は1500億円弱となっています。

関係者によると、応募したのは大成建設・梓設計・建築家の隈研吾氏のチーム(A案)と、竹中工務店・清水建設・大林組の共同企業体と日本設計・建築家の伊東豊雄氏のチーム(B案)の2組。両案とも「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを掲げています。

紆余曲折を経て動きだした計画に、五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、早くも“森節”をさく裂させています。「外見だけならB案」と語り、一方、A案については「大会をやっているという明るさがない」などと評しました。

森のスタジアム?

森のスタジアム?

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

どちらの案を採用するかは、JSCが行うため、森会長に決定権はありませんが、東京五輪運営の重要人物の一方に肩入れするような発言に、影響力を心配する声もあり、馳文部科学相は、会見で「そんなこと言っていいのかな」と疑問を投げかけています。

ザハ案の2520億円から削減されたものの、1500億円のスタジアムです。世界で最も高価なスタジアムの一つになることは間違ありません。なんというか、なんでこんなに金がかかるんでしょう。森会長の発言からするともう、竹中連合で決まりなのでしょうか?増税をひかえた日本に、この利権にまみれたスタジアムが本当に必要なのでしょうか。

まぁ、NHKの新社屋建設に3400億円かかるっていうのも呆れた話ですが。。。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。