慰安婦問題、日韓が合意

28日、日韓両国間の大きな懸案となってきた、従軍慰安婦問題をめぐる両政府の協議が合意しました。
合意文書によると、日本政府は、「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感」し、「安倍総理は改めて元慰安婦に対して心からのおわびと反省の気持ちを表明する」と表明しています。また、元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出するとしています。

共同記者発表で、岸田外相は「日韓両政府は、慰安婦問題について不可逆的に解決することを確認するとともに、互いに非難することを控えることで一致した」と表明。尹外相も、日本政府による合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的、不可逆的に解決することを確認する」と述べ、両国は、慰安婦の問題で双方が受けいれられる合意に至り、最終的な解決に至った述べました。

また、日本政府が撤去を求めている、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像について、尹外相は元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」を念頭に「可能な対応策を関連団体と協議し、適切な解決策へ努力する」と述べています。

歴史的合意ではあります

歴史的合意ではあります

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

合意が履行されれば、安倍外交の唯一の成功例となるでしょう。安倍首相の歴史認識、思想信条、支持母体の反応など考えると断腸の思いの政治決断だったのかもしれません。特に「当時の軍の関与の下に」は絶対に首相は受け入れない表現だと思っていました。

ネトウヨさんの間では、今年一番の最悪ニュース、外交の完全敗北、安倍さんどうしちゃったの?アベ政権も終わり。。。と、お葬式状態のようです。安倍首相のFacebookには失望の声がズラリ。日本会議の事務局は「狐につままれた感じ」と。日本会議には根回しもなく、予想外の事態に大混乱のようです。

米国の強い要請があったとは言え、日韓間における最大の懸案の一つである慰安婦問題が、国交正常化50年の今年中に決着で合意したことで、関係改善の流れは本格化するでしょう。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる