スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこが潔いよいのでしょうか

甘利前経済再生担当相は、「私なりのやせ我慢の美学を貫いた」と語り辞任しましたが、それでも国会の混乱は収まらず、審議再開の見通しは立っていません。
甘利氏に対して潔いとか、罠に嵌められて気の毒とか擁護する論調が後を絶ちませんが、罠に嵌められようと辞任しようと、胡散臭い業者から金を貰った事実は消えません。
辞任会見で、あくまでも秘書が独断でやったとの説明に終始していましたし、さらには「いい人だけ付き合ってるだけじゃあ選挙落ちちゃうんですよね」のセリフです。いったい、どこが潔いよいのでしょうか。

自民党はTPP断固反対を表明して政権を取り戻した途端、手のひら返しでTPP参加にかじを切ったのを有権者は忘れたのでしょうか。有権者を騙し続ける自民党に対して、なぜこれほど寛容なのでしょうか。
甘利氏の辞任がアベノミクスやTPPにとって打撃だと各紙がこぞって書いているのもお笑いです。アベノミクスは甘利氏とは関係なく既に行き詰まっていますし、TPPは官僚がすべてを取り仕切ってきましたから誰が大臣になっても同じでしょう。

三代目ホットラインか

三代目ホットラインか

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

麻生財務相は、後任の石原経済再生担当相に、「これから経済財政運営を一緒にやっていくことになる。この分野があまり得意じゃないかもしれないが、頑張ってもらうことを期待したい」と期待と不安が混在したような冷ややかな言葉を投げかけています。
仕事ができるかどうかの前に、あの失言・問題発言の宝庫の麻生氏にさえも冷ややかな物言いをされるほど、石原氏の失言・問題発言は半端ありません。
自民党は人材の宝庫なのだそうですが、金で辞任した大臣の後任に「最後は、金目でしょ」を就任させるとは、安倍首相のセンスもさすがです(笑)

お隣の国の三代目は、また、ミサイル(ロケット)発射の構えです。核実験もそうでしたが、安倍首相が窮地に陥るとアシストしているようにも見えます。三代目同士のホットラインでもあるのでしょうか(笑)
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。