スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権幹部「両者が司法の判断に従うという確約を取れたことが大きい」

4日、安倍首相は、辺野古新基地建設を巡る代執行訴訟の工事中断を含む裁判所が示した和解案を受け入れ、沖縄県側と協議を行う考えを表明しました。

政府は当初、工事の中止は受け入れられないとしてきましたが、国と県とのいわば訴訟合戦が続くような事態は好ましくなく、対立が長引けば普天間基地の危険性の除去や新基地計画の実現も危うくなりかねないとして、新たな和解案を受け入れる意向を固めました。政府高官によると、沖縄県側に歩み寄りの姿勢が見られたことも、今回和解を決断する背景にあったということです。すでに、政府は外交ルートを通じてアメリカ政府に対し、この方針を伝えています。

今回の和解案のポイントは、「国が、翁長知事が行った埋め立て承認の取り消しの是正を指示するよう求める。沖縄県側がこれを不服とする場合には、国の是正指示を取り消す裁判を起こす。そして、この裁判の結果に双方とも従う」と「裁判の判決までに、国と沖縄県は、円満な解決に向けた協議を行う」でしょう。
判決が出るまでの間に、国と沖縄県は解決に向けた協議を続けるわけですが、まとまらないまま判決が出れば、お互い文句は言わずに従うと決めたわけです。

政府側には、辺野古新基地を白紙撤回する考えはありません。問題解決の唯一の方法だと沖縄県側を説得し、受け入れられないなら裁判の結果に従うという、お互いにとって極めて厳しい直接対決が始まったといえます。裁判に負ければ、沖縄県は辺野古新基地を容認、政府は断念すると言うことになり、国、県ともに退路を断ったと言うことになります。

退路を断った政府と沖縄県

退路を断った政府と沖縄県

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

午後には、安倍首相と翁長知事の会談がおこなわれ、首相が「和解できたことは本当に良かった」「円満解決に向けて話し合いを進めていきたい」と述べたのに対し、翁長知事は「これから本当の意味での協議を実施したい」と述べていて、若干の温度差もみられました。

首相は、「裁判所が提示した手続きにのっとって、円満解決に向けて沖縄県との協議を進める。そのうえで司法の判断が下された場合には、国も沖縄県もその判断に従う。そして互いに協力して誠実に対応することで今回、合意した」と述べています。

一方、翁長知事は、「半年間に及ぶ裁判闘争を取りやめ、話し合いが始まることは望むところだ。話し合いの中から展望を見いだしていきたい」などと述べています。

与党幹部からは「選挙を考えればプラスだ」と評価する声が上がっています。また、ある政権幹部は「司法の判断に従うという確約を取れたことが何より大きかった。裁判で国が負けることはないんだ」と強気の姿勢で、今回の和解で、むしろ辺野古新基地建設のゴールが近づいたと見ているようです。

僕は、沖縄県がこの和解案を受け入れて良かったのか本当に心配しています。国と沖縄県の解決に向けた協議が期待できない中、司法に委ねるのは危険だと思います。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。