川内原発抗告審 国民の不安に応えたか

九州電力川内原発1、2号機の周辺住民らが再稼働差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、福岡高裁宮崎支部が抗告を棄却しました。先月、稼働中の原発停止を命じた関西電力高浜原発3、4号機に対する仮処分申請とは、真逆の結論です。

原発の新規制基準や、川内の2基がそれに適合するとした原子力規制委員会の判断を「不合理ということはできない」と認定しています。
気になるのは、何があっても放射性物質が放出されない安全性を確保するのは現在の科学技術では不可能で、どの程度なら容認するかどうかは「社会通念による」と結論づけていることです。これで福島のような「想定外」の事態に対処できるのでしょうか。

原発をめぐる司法判断は揺れています。裁判所に求められるのは、東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえ、原発の安全性の問題にきちんと向き合うことでしょう。関西電力高浜原発の運転を差し止めた大津地裁決定は、福島第1原発の事故原因が解明されていないことなどから、新基準自体を疑問視し、事故による人格権侵害の恐れも認めています。

どこに、「合理性」が?

どこに、「合理性」が?

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

川内原発では火山の存在も争点になりました。決定は「破局的噴火の予測は困難」としつつ、「歴史上経験したことのないような想定をはるかに上回るリスクについてまで考慮する必要はない」としました。しかし、福島原発を襲った津波を考えれば疑問を抱かざるを得ません。

不合理な火山の評価、問題がある避難計画、建設しない免震棟、住民の安全安心に照らして見れば、どこに、「合理性」が存在すると言うのでしょうか。

原発の運転差し止めなどを求める訴訟は、全国で20件を超えます。引き続き司法判断が分かれる可能性があります。福島事故の原因究明も道半ば、その中で新規制基準による審査を進め、適合した原発を再稼働させていくことには無理があります。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる