スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添都知事:辞職 退職金2200万円

15日、東京都の舛添要一知事が、政治資金流用問題による都政混乱の責任を取り辞職願を提出、都議会は同意しました。
辞職を拒み続け、続投への強い意欲を示してきた舛添氏ですが、都議会の自民、公明両党を含む主要会派が不信任決議案を共同提出し、可決する見通しとなったことを受けて辞職を決断しました。

舛添氏は「リオデジャネイロ五輪を目前にして、混乱を招くのは国益にマイナスだ。東京の名誉を守ってもらいたい」と述べ、9月の都議会定例会に「身柄を託したい」と“延命”を訴えましたが、最大の後ろ盾だった自民からも不信任案を突き付けられました。
混乱と停滞を招いた中、ようやく辞職を決断したのは遅きに失したといえます。

自民党も見捨てたか

自民党も見捨てたか

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

前知事の猪瀬直樹氏に続いて、舛添氏も「政治とカネ」の問題で舞台から去ることになったのは、極めて異常な事態です。政治不信が一層深まることが懸念されます。いま求められているのは、問題の徹底解明を再発防止につなげることです。

政治活動のためならば使途は何でもあり、という政治資金規正法の欠陥がこれほど明確になったことはありません。一政治家の問題と片付けず、本腰を入れて見直しに着手してもらいたいものです。

後継選びでは、「首都の顔」にふさわしい人物を選んでほしいと思います。特に、先の知事選で舛添氏を推した自民、公明両党はその責任を明確にしながら臨む必要があります。与野党とも、参院選に絡んだ駆け引きだけに終始すべきではありません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。