スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元在特会・桜井氏が出馬表明

参院選の投開票まであと10日となりましたが、与野党の論戦は深まったとは言い難い状況です。とりわけ低調なのが安全保障と改憲の問題です。

自民、公明両党などの採決強行で安全保障関連法が成立したのは昨年9月。与党の姿勢は「世論に背を向けた」と批判を浴びましたが、法は半年後の今年3月に施行されました。「丁寧に説明する」とした約束を政府、与党が果たしたとは言えず、参院選の場で説明しなくて、いつおこなうと言うのでしょうか。

参院選で「改憲勢力」が3分の2の議席を占めることになれば、衆参ともに憲法改正を発議する条件が整うことになります。改憲の是非も極めて重要な争点です。

肝心の論戦が盛り上がりを欠く原因は、争点化を避ける与党の姿勢にあると言っていのですが、公約で法律の「白紙撤回」や「廃止」を掲げた、民進、共産党なども攻めの姿勢が足りません。

なんでもありかよ、都知事選

なんでもありかよ、都知事選

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

安倍首相は選挙期間中は有権者の反発を招きそうなテーマの争点化を避け、選挙に勝利すると、数の力で押し通す政治手法を繰り返してきました。

2013年の参院選ではアベノミクスを前面に押し出し、その後に特定秘密保護法を成立させました。消費税増税を先送りした14年の総選挙の後は、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法を強行採決しました。

安倍首相は参院選の最大のテーマは経済政策と強調しますが、結果次第で改憲に乗り出すのは目に見えています。
有権者も試されていることを肝に銘じたいと思います。

東京都知事選は、はや、なんでもありの様相を呈する。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。