スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古再提訴、ヘリパッド着工 翁長氏「強硬政府に抗議」

22日、政府は辺野古新基地建設問題で、辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事に対し、撤回を求める政府の是正指示に従わないのは違法だとの確認を求める訴訟を福岡高裁那覇支部に起こしました。

政府は県と3月にいったん和解しましたが、改めて法廷闘争での決着を急ぐことで両者の溝がさらに深まるのはまちがいありません。
県と国が合意した和解条項は、違法確認訴訟には触れていません。そもそもそういう事態を想定していなかったのです。

話し合いによる解決を放棄し、国の側から和解条項にはない違法確認訴訟を提起するのは、合意を逸脱する行為と言わざるを得ません。

政府は協議の手続きも並行して進めるとしていますが、司法判断を経て早期に本格的な移設工事を再開させたい考えなのでしょう。高裁判決は今秋に出る見通しで、いずれかが上告すれば、年末から来年初めにかけて最高裁判決が出るとみられます。

信任は得た!なんでもやり放題だ!

信任は得た!なんでもやり放題だ!

(イラスト 工場長・コラージュ 副島和芳)

また、高江では、沖縄県にある国内最大規模の米軍専用施設「北部訓練場」の部分返還に向け、施設内での建設が条件となっているヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の工事に着手しました。翁長知事は新型輸送機オスプレイが運用される計画があるとして工事を容認しない姿勢を示しています。

「辺野古・高江」問題は単なる基地問題ではありません。沖縄の未来と沖縄の人々の尊厳、日本の民主主義の質が問われています。

参院選が終わった直後に、辺野古移設を巡る提訴やヘリパッド着工を進める政府の強硬姿勢、いよいよ、安倍政権が牙を剥きはじめました。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。