スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドチキン 4コマ漫画 第25話

第25話
みんなの党の渡辺代表が化粧品会社 DHCの吉田会長から計8億円を借り入れたとされる問題が政界に波紋を広げています。
渡辺氏は3月27日、記者団の取材に応じ、代表辞任を否定しました。
しかし、渡辺氏の不透明な借金問題が明るみに出て、党勢が失速するのは避けられない情勢です。

みんなの党が日本維新の会に続き失速する事態は、安倍政権にとって誤算です。
安倍首相はこれまで、自身と主張の近い両党を「責任野党」と持ち上げることで野党の分断に成功してきました。
今後本格化する集団的自衛権論議を巡っては、首相官邸と維新、みんな両党とのパイプをてこに、行使容認に慎重な公明党に軟化を促す思惑もあっただけに、首相周辺は「戦略を見直さざるを得ないだろう」と述べています。

プライドチキン 4コマ漫画 (画像をクリック)プライドチキン 4コマ漫画 第25話
(illustrated by あんべちゃん)

渡辺代表は昨年11月、首相と直談判して特定秘密保護法案の修正協議に入り、世論の批判が強い同法の成立を後押しました。
渡辺氏はこれを機に首相への接近を強め、先月20日の2014年度予算成立時には、国会内の同党の部屋をあいさつに訪れた首相に「ナベノミクスの採用をよろしくお願いします」と要請し、規制改革など経済政策で安倍政権との連携に意欲をみせていました。
みんなの党は集団的自衛権の行使も容認する立場で、政府・与党の議論に合わせて、近く党見解をまとめる方向になっています。

こうした中、自民党内では通常国会後の内閣改造で渡辺氏の入閣説さえ取りざたされていました。
しかし、今回の8億円借り入れ問題で、首相官邸も当面は同氏と距離をおかざるを得なくなっています。
「責任野党」との両てんびんにかけられかねなかった公明党の幹部は、「これで首相もちょっと危ういと思うんじゃないか。わが党にとってもいいことだ」とホンネを漏らしています。

安倍政権にブレーキをかけているのが、政治と金のスキャンダルだけだとしたら本当に情けないことです。
本来の意味での「責任野党」はどこに行ってしまったのでしょうか。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。