スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「限定的」なら許される話ではありません 

政府・自民党は集団的自衛権の行使を「限定的」に容認する方向で検討を始めました。憲法解釈の変更に慎重な公明党を説得するためです。
国の安全保障に関わる重大な政策を、憲法解釈の変更で転換しようとするところに無理があります。
どうしても必要というなら、国民に直接意思を問う憲法改正で臨むのが筋でしょう。
歴代の内閣は「憲法9条が許容している自衛権の行使は、日本を防衛するため必要最小限度にとどまるべきものであり、集団的自衛権の行使はその範囲を超え、憲法上許されない」としてきました。

集団的自衛権行使容認を目指す安倍首相は、この解釈を変更する閣議決定を今夏にも行う段取りを描いています。
当初は全面容認を模索したものの、自民党の慎重派や公明党の抵抗を受け、浮上したのが限定容認論です。
憲法が認める「必要最小限度」の自衛権の範囲内に、一部の集団的自衛権行使も含まれると解釈を改めるのが柱です。

「限定的」なら許される話ではありません (画像をクリック)
「限定的」なら許される話ではありません
(illustrated by 工場長)

限定容認論を提唱した自民党の高村副総裁は「国の存立を全うするための必要最小限度の集団的自衛権なら行使できる」とし、駐留米軍の違憲性が問われた「砂川事件」をめぐる1959年の最高裁判決を根拠に挙げました。
ですが、この判決は個別的自衛権の行使を認めたものであり、集団的自衛権を問題にしたものではありません。

限定容認論の中で、政府・自民党は自衛隊の活動範囲を日本領域と公海上に限定し、他国領域への派遣を認めない方向で検討しているといいます。
一方で、解釈変更を閣議決定する際に活動範囲や行使の具体例は明記しない見通しです。
緊急時のあらゆる事態に対処できる余地を残すためといいますが、これでは「国の存立を全うするため」に地球の裏側まで行けることになります。
自民党の石破茂幹事長は地球の裏側まで行くことを排除しないと発言しています。実際は「限定的」とは言え、歯止めはありません。「限定的」などの言葉を持ち出す、自民党のやり方は姑息です。

「平和の党」を掲げる連立与党の公明党は、今回も埋没の道でしょうか。
昨年の特定秘密保護法、靖国参拝を阻止できず、さらに集団的自衛権の行使容認で押し切られるということになれば看板が泣くと言うものです。
日本に求められているのは、「強くなる」ことではなく、「賢くなる」ことではないでしょうか。

追記
安倍首相は5日、来日した米国のヘーゲル国防長官と公邸で会談し、解釈改憲による集団的自衛権行使容認について「日米同盟の強化を地域の平和と安定につなげるための法的基盤の整備を進めているところだ」と表明しました。
ヘーゲル長官は「日本の取り組みを歓迎する」と応じています。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皆様はいかがお考えですか?

自民党のやり方は姑息だ。間違いない!!
だが、その前に、憲法の解釈を変える、解釈改憲自体が憲法違反ではないかと思う。
 [憲法第九十九条[1] 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ] の項目に違反する。
どうしても変えたいのなら議員を辞めて一般市民として運動を始めて欲しい。
憲法の原理原則を変えれば、とどめなくズルズルと戦争への道を歩くことになる。
私の祖父の時代から守ってきた我々の憲法を変えようとする輩は決して許してはいけない。
第一、アメリカ一国で世界をどうのこうのできる時代ではなくなった。そのアメリカについて行くのは愚の骨頂に思えるのだが、皆さんはいかがお考えですか?

No title

米国も世界の警察を止めると宣言していますよね。どこと集団を組んでどこへ行くつもりなのでしょうかね?
デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。