スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地と国民への背信行為

安倍政権は、福島第1原発事故の惨状や教訓を忘れ去ってしまったのでしょうか。
政府は4月11日、原発を「重要なベースロード電源」と位置付け、再稼働を進める方針を明記したエネルギー基本計画を閣議決定しました。
事故後、初の基本計画であり、民主党政権が掲げた「原発ゼロ」方針との決別宣言となります。
汚染水漏れなど事故の収束には程遠く、長引く避難生活など復興も遅々として進んでいません。
世論調査でも国民の半数以上が脱原発を求めている状況に変わりはないのです。
原発回帰は見切り発車以外の何物でもなく、被災地と国民への背信行為だと認識すべきです。

安倍政権が再稼働に前のめりになるのは、電力会社をはじめ産業界の強い要望があるからですが、経済を最優先し、「安全神話」を妄信していた時代に時計を巻き戻す愚行に他なりません。

被災地と国民への背信行為 (画像をクリック)被災地と国民への背信行為
(illustrated by 工場長)

原発回帰を鮮明にする一方、「核のごみ」問題への対処は今回も明確に示されませんでした。
国民を欺こうとする記述も目立ちます。原発依存度を可能な限り低減させるとしましたが、具体的な比率は示していません。むしろ「確保していく規模を見極める」と、新増設に含みを持たせたのが実態です。

トラブルが頻発し、公明党が廃止を求めていた高速増殖炉原型炉もんじゅの項目もそうです。
高レベル放射性廃棄物の量を減らす「減容化」などの国際的な研究拠点化を前面に出しましたが、増殖炉の活用方針をカムフラージュし、延命を企図したものにすぎません。
安全対策への膨大な投資を迫られる原発は、もはや経済的な優位性を持ち得ません。
最大の問題は安全性への懸念が何ら払拭されていないことです。民意に背を向けた基本計画は絵に画いた餅でしかありません。

追記
東京電力は4月14日、福島第1原発の高濃度汚染水が本来と違う建屋に誤って送水され、約200トンの汚染水が地下床面に漏れるトラブルがあったと発表しました。
流れ込んだ汚染水には、1リットル当たり3700万ベクレルという高濃度の放射性セシウムが含まれていました。
送水先、間違えました~ では、すまされません。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。