スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法記念日に思う

日本国憲法の施行から67年を迎えた5月3日、憲法記念日の集会が各地で開かれました。
安倍首相は9条の解釈を変更して、集団的自衛権を行使できるようにすることを狙っており、その先には憲法改正を見据えています。
戦争への反省から掲げた憲法の「平和主義」が転換点に立つ中で、各集会では改正の是非や自衛権の在り方をめぐり、改憲派と護憲派がそれぞれの主張をアピールしました。

憲法記念日を前にして各社が行った世論調査の結果を見てみると、多くの調査で9条改憲および集団的自衛権の解釈改憲について半数以上が反対の立場をとり、慎重な対応を求める民意が浮き彫りになってきました。

国民の意見は聞きません (画像をクリック)国民の意見は聞きません
(illustrated by 工場長)

この結果は、安倍首相の安倍カラー的な言動や施策(特定秘密保護法、靖国参拝の強行など)、そして今回の集団的自衛権の解釈改憲に多くの国民が安倍首相とこの政権の恐さや危なさに気づき始め、警戒感を抱くようになったからではないでしょうか。

憲法学では、集団的自衛権を認めるような解釈改憲は不可能というのは常識です。従来の内閣法制局の常識でもありました。
憲法は、国家の枠組みとして軍事行動に縛りを掛けているのですから、その縛りを取っ払う手段としては憲法の「改正」しかないわけです。
あくまで憲法が国家の行動を縛るためのものである以上、解釈による変更で、国家の縛りを解くなどということが許されるはずもありません。
特定秘密保護法では、間に合いませんでしたが、集団的自衛権の解釈変更はなんとしても「安倍 STOP細胞」で止めねばですね。
関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

デモクラTV 会員登録
市民のためのネット放送局
会員登録は
こちらから

デモクラTV

インターネット会員 月額525円
DVD会員 月額2,520円
(DVD2枚組×4回)
Twitter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デモクラTV facebook
デモクラTV
デモクラTV Twitter
デモクラTV
リンク
Special Links
日本国憲法(全文)
日本国憲法(全文)
RSSリンクの表示
リベラル ブログランキング


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。